【WWE】ロリンズが新王者レスナーに王座奪還を宣言

米国現地時間7月15日、ニューヨーク州ユニオンデールのナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにてロウが開催された。

◆ロリンズが新王者レスナーに王座奪還を宣言

ロウ・オープニングに新ユニバーサル王者ブロック・レスナーと代理人のポール・ヘイマンが登場した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

PPV「エクストリーム・ルールズ」でキャッシュインしてセス・ロリンズから王座奪還に成功したレスナーが会場からブーイングを浴びるとヘイマンは「キャッシュインするって言っただろ。ブーイングするなら自分自身にしろ」と会場を挑発。

さらにPPV「サマースラム」でのレスナーの対戦相手を決めるべく、王座挑戦権をかけたトップ10バトルロイヤル戦を発表した。メイン戦で行われたバトルロイヤルでは王者レスナーが見守る中、セス・ロリンズ、ランディ・オートン、ビックE、セザーロ、ブラウン・ストローマン、レイ・ミステリオ、バロン・コービン、サミ・ゼイン、ボビー・ラシュリー、ローマン・レインズの10人が激突。

セザーロやラシュリーらが次々と脱落させられていくと、最後に残ったのはロリンズ、レインズ、ストローマンの3人。

エプロンで攻防するレインズとストローマンをロリンズが押し出して脱落させると、突如、隠れていたオートンがロリンズに襲い掛かってDDTを炸裂。

しかし、復讐に燃えるロリンズはスーパーキックからカーブ・ストンプでオートンを脱落させてバトルロイヤルで最後まで勝ち残った。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王座挑戦権を獲得したロリンズは「サマースラムではお前を倒して見下ろしてやる」と王座奪還を宣言してレスナーを挑発した。

PPV「サマースラム」は日本時間8月12日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事