【WWE】王者キングストンがオートンを返り討ち

現地時間723日、フロリダ州マイアミのアメリカン・エアラインズ・アリーナでスマックダウンが開催された。

王者キングストンがオートンを返り討ち

真夏の祭典PPV「サマースラム」で王者コフィ・キングストンとランディ・オートンのWWE王座戦が決定した。

サモアー・ジョーとの試合を組まれたキングストンは試合前にオートンを呼び出すと、オートンは「お前がタイトルを持っているのはまぐれだ。王者に値しない」と侮辱。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これにキングストンは「PPVサマースラム」で試してみるがいい」と王者の自信を示して両者の対戦が決定。

さらにオートンが見守る中でキングストンとジョーが対戦すると、両者は白熱の攻防を展開。

関節技やヘッドバットで攻め込むジョーに対してキングストンはドロップキックからブーン・ドロップを叩き込むと、いきなりオートンが乱入。

オートンはキングストンを狙ったRKOが不発に終わると、代わりに起き上がってきたジョーにRKO

しかし、その隙にキングストンがトラブル・イン・パラダイスをオートンに叩き込んでオートンを返り討ちにした。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

番組では日本時間728日に行われる特別番組「スマックビル」でキングストン対ジョー対ドルフ・ジグラーのトリプルスレット形式WWE王座戦を発表。

また、真夏の祭典PPV「サマースラム」は日本時間812日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事