【編集長コラム】「両国3連戦」

11・2NOAH、11・3DDT、11・4大日本…両国国技館3連戦は盛況のうちに終了。各大会ともに各団体の特色が十二分に発揮され、熱い声援と万雷の拍手が途切れることはなかった。

3大会のすべてで、個性豊かな選手による多彩なファイトスタイルが展開され、プロレスの奥深さ、醍醐味を改めて感じさせてくれた。まるで「プロレス博覧会」で、何とも贅沢な3日間だった。大会開始のゴングが鳴るや、ファンはエキサイト。のっけからの熱狂ぶりに「序盤からこんなに盛り上がって、後半戦は大変だな」と、思わず考えてしまったが、不安は杞憂に終わった。

メインイベンターがきっちりと締めくくってみせ、両国国技館には去りがたい思いを抱いたファンが大半を占めた。3日間とも会場には激闘の余韻がいつまでも残っていた。

NOAHでは清宮海斗が「世界一感じの悪い男」拳王の猛攻を耐え抜きGHCヘビー級王座V6を達成。NOAHの完全復興を印象付けた。

HARASHIMAと竹下幸之介による、DDTでは珍しい「世代闘争」は「お酒大好き」HARASHIMAが、酒を断ってまで臨んだ甲斐もあり激闘の末、2冠王に君臨。DDTの新たな方向性を示した。

奇しくも大日本プロレス所属ではない二人、木高イサミと宮本裕向がメインに登場した大日本も、大日本勢をしのぎかねない大日魂を持つ二人の激闘に沸きに沸いた。

思えば「両国3連戦」と騒いだのも、関係者、ファンであり、選手たちは自分たちの闘いに集中していたようだ。

NOAH・清宮は「ノアを日本武道館に持っていきたい」とNOAH愛を強調。DDT・HARASHIMAも「DDTグループをもっと盛り上げていく」とDDTへの熱い思いをアピールした。両国3連戦の「大トリ」を務めた木高は「選手は3連戦を意識していないと思う。目の前の闘いに全力で臨むだけ」とさらりと言ってのけた。

実際、3大会は見事にビッグマッチとしてそれぞれ完結し、次の闘いの幕開けを告げるモノだった。

独走する新日本プロレスは両国国技館どころか、日本武道館、東京ドームで定期的に大会を開催している。海外にも進出する新日本の目標は今や「世界一」である。「新日本に追いつけ、追い越せ」と奮闘する多くの団体の中から、どの団体が飛び出すのか? 刮目したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事