【飯伏幸太スペシャルインタビュー】≪完全版≫①プロレス、闘魂三銃士、馳健、全日四天王、デスマッチなど大いに語る!!

【飯伏 幸太スペシャルインタビュー】≪完全版≫①

imgp8233

◆プロレスを好きになったキッカケ(馳健・闘魂三銃士)

山口:プロレス入りのきっかけという部分では、いつプロレスラーになりたいと思ったんですか?

飯伏:小学校五年生のときですね。一番初めのきっかけは、「ドラゴンボール」の孫悟空になりたかったんです。だけど無理じゃないですか。それからプロレスを見るきっかけがあって、それで、「これこそリアルドラゴンボールだ」、と。

山口:会場で生で観戦されたんですか?

飯伏:ビデオですね。

山口:初めての試合は新日?全日?

飯伏:新日本プロレス vs WARだったと思います。

山口:天龍さん!その時は柴田さんも……

柴田:しゃべってましたね。

山口:天龍さんが新日の並み居る精鋭陣と対決して、綺羅星のごとくやっつけていく、という感じでした?

飯伏:平成維震軍 vs WARのころだったかもしれません。

山口:興奮するじゃないですか! ああいう試合は感情が入りますよね。飯伏さんはどっち側のファンだったんですか?

飯伏:団体があること自体、最初にわからなかったので、見ていて天龍さんが最初に輝いてるな、と。天龍さんを応援してたんです。二ヶ月くらいですけど(笑)プロレスっていろいろあるんだと思って、いろいろなビデオを借りて、結局本当に一番はまったのは、馳(浩)さんと佐々木(健介)さんですね。

山口:馳健コンビ?

飯伏:馳さん単独ですね。馳さんと武藤さんが組んでましたね。

山口:華やかなタッグですよね。パフォーマンスもうまいし、外向きのアピールがうまいし。馳さんのどんなところがグッと来たんでしょうか?

飯伏:ほんとに華やか。華やかな部分ですね。ジャイアントスイングとかもまさにそうですけど、プロレスって、リングでこういうことができるんだ、と。小さいころはキックボクシングとか、それくらいしか見てなかったので、これはすごいな、と。

山口:馳さんが放つオーラにプロレスというものを感じたんですね。

飯伏:そんな感じですね。

imgp8270

山口:武藤さんじゃなかったんですね。一瞬、飯伏さんの中に武藤さんも見え隠れするようなイメージもありますけど……

飯伏:武藤さんはハマらなかったですね。三銃士だと橋本さんでしたね。

山口:え、ホントですか!?イメージと全然違いますね! 橋本真也さんが三人の中では一番好きだったんですか?

飯伏:橋本真也は世界最強だと思ってました!

山口:どんなところが好きなんですか?

飯伏:強さですね。強さのみです。橋本さんは本当に強いと思っていて。

山口:確かに。爆裂キック凄かったですね。

飯伏:当時はほかに格闘技なんてなかったじゃないですか。この人が一番強いんだな、と。IWGPヘビー巻いてる橋本真也、最強って。

山口:橋本さんの一番好きな試合はなんですか?

飯伏:いっぱいありますけど橋本さんと高田さんのドームの試合も興奮しましたね。Uインターと新日本の全面戦争(1995年)は大好きですね。

山口:あのとき震えましたね。

飯伏:もうピークですね(笑)

山口:柴田さん、あのときは実況で……

柴田:しゃべってましたね。10.9は凄かったですよ。

山口:客入りも過去最高?

柴田:あれは猪木さんの引退試合よりも入ってましたね。一番入ってました。

山口:飯伏さん、その時は新日の応援だったんですか?

飯伏:完全に新日でしたね。

柴田:会場に来れないよね? まだちっちゃいから。

飯伏:ですね。まだ中一くらいの頃でしたね。

山口:あの時の橋本真也はしびれましたよね。橋本真也が一番輝いていた。

柴田:取り戻したわけですよね。流出していたIWGPを。

 

imgp8229

167

 

⇒次ページ(少年時代から行き過ぎたプロレス特訓!)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3