【魔界(MAKAI)】鶴姫(志田光)・越智安成(新納刃)・錬武官(吉野恵悟)の魔界三人衆インタビュー

 

<志田光、魔界で解き放たれる>

――志田さんの役どころは、しゃべる役どころから、しゃべらない方へ変わってきました。演者として、どういう心構えでやっていますか?

志田:鶴姫がちゃんと人間として存在しなきゃいけないと思っています。魔界の登場人物は見栄えのいいキャラクターみたいなイメージですけど、そこを超えて、悲しいとか、つらいとか、人間としての鶴姫の感情を、消さずに表現できたらいいなとずっと思っています。逆に、笑顔は一切ない……。

――リングの志田さんと魔界の志田さんは全然違いますね。魔界の志田さんの方がいいなと思う人も多いですよ。

志田:そう言ってくださる方が本当に多いんです!

――ヒールの志田さんより魔界の志田さんの方が、ファンとしてはスッと入りやすいのかもしれませんね。

志田:めっちゃよく言われます……。

吉野:朱里さんを連れて竹刀振り回して、朱里さんはコシティを持ってというのは、プロレスファンとしては素直に応援していいのかな?って思っちゃいますよね。だけど鶴姫というキャラクターは感情移入しやすいんですよ。僕も台本見てて辛い、かわいそうって思います。

志田:鶴姫役を始めてから、悲しみの演技が上達しているってよく言われます。

新納:それ以外ないからね。

吉野:魔界で笑ったことないよね?

志田:ゼロですね。

新納:明るいキャラって、慶次くらい?

――リング上では、男子レスラー相手に全力で戦ってますね。

志田:どれだけ本気でやっても大丈夫な人たちなので(笑)

――志田さんは、あの石川修司さんとも戦っていました。身長差が激しいのにボコボコにやられるのは大変そうです。

吉野:スプラッシュ・マウンテンで持ち上げられて、振り回されてたんですよ。

志田:上から落とすだけだから、受け手が制御できないんです。いままで味わったことのない高さから落ちました。「ここから落ちるの?」って思いながら。

吉野:あの技の経験がある人でも、ダイナマイト・関西さんの高さですよね。

――そんな状態で終わった後でも、演じ続けなければいけない。セリフは飛ばないんですか?

志田:逆に、強めにボコボコされたときの方が役に入りやすいです。

新納:テンションは上がりますね。試合で戦った後だと、感情が出しやすいんです。試合のテンションなら、泣けます。

――激しくやったほうが感情を出しやすいんですね。

吉野:でもテンションが上がりすぎて、試合後の演技をスポっと忘れちゃったりする(笑)。

――演劇とプロレスの関係について、志田さんはどうお考えですか?

志田:最近は……すごく悩んでます。魔界で世界進出するためには、レベルが全然足りてないと痛感しています。プロレスも演技も、レベルアップしていかないと思っています。課題ですね。

――魔界は海外で受けそうなコンテンツになっています。志田さんには日本美人的なものがあるから、ヒロイン役にぴったりですよ。

志田:鶴姫はゲームのキャラクターにもなっていて人気がある存在だから、自分がやることにずっと違和感があります。もっとかわいい人がやったほうがいいよ、って思ってるんですけど……。自分が納得できるまでレベルを上げて、誇りをもって演じなければいけないと思っています。「私なんかが……」という気持ちを捨てて、「私がやる!」と、自信をもって演じられるようになりたいです。

――魔界では、普段の試合と目線が違いますか?

志田:プロレスだと、選手はお客さんを見られるんです。この技好きなんだね、じゃあもう一回やろうか、ってやりとりができる。鶴姫だとそれはできません。

吉野:魔界は、お客さんが見ているという認識ではないんです。お客さんに見せるという感覚でリングに立っていない。

志田:意識しないほうがいい。それが見えると、お客さんが醒めてしまいます。

吉野:関係が近くなりすぎちゃダメなんです。

――それって逆に難しくないですか?プロレスでは当たり前のことが魔界ではダメで、いわば内なる世界に入っていって演じるんですよね……。

新納:慣れました(笑)

吉野:ドヤ顔(笑)

 

次ページ(錬武官・吉野恵悟はすべてを見通す)

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4