【新日本プロレス】『BEST OF THE SUPER Jr.24』優勝決定戦はKUSHIDAがオスプレイとの大死闘を制し、2年ぶり二度目の優勝!!<6.3代々木結果>

『BEST OF THE SUPER Jr.24』優勝決定戦はKUSHIDAがオスプレイとの大死闘を制し、2年ぶり二度目の優勝!!

試合後はウェーブ!仲間との1本締め!! 
『鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24 ~優勝決定戦~』
6月3日(土) 15:30開場/17:00開始
東京・国立代々木競技場・第二体育館

観衆3,454人(札止め)

 

 

メイン(第8試合)は『SUPER Jr.』優勝決定戦として、Aブロック代表のウィル・オスプレイとBブロック代表のKUSHIDAが激突。

『SUPER Jr.』二連覇を目論むオスプレイと、この『SUPER Jr.』に再起を賭けたKUSHIDAは、場内驚愕の一進一退の攻防を展開。

互いの必殺技を繰り出し、さらには激しい打撃戦など、真っ向勝負を繰り広げる。

最後はKUSHIDAが“奥の手”雪崩式バックトゥザフューチャーから、正調のバックトゥザフューチャーに繋いで激勝。

2年ぶり二度目の優勝を果たしたKUSHIDAは優勝の喜びと感謝を表すと、一本締めでジュニアの祭典を締めくくった。

 

(連続写真でご覧下さい!)

 

 

⇒次ページ(試合開始!)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4