【DDT】6.6 WPP2020 Day1佐々木大輔がハードコア3WAY戦制しUNIVERSAL王座V3!次期挑戦者に負傷欠場中の高梨将弘を逆指名も…

「ダムネーション」の“カリスマ”佐々木大輔(34)がDDT UNIVERSAL王座のV3に成功し、次期挑戦者に負傷欠場中の高梨将弘(37)を逆指名した。

無観客による「WRESTLE PETER PAN 2020【DAY1】」(DDT TV SHOWスタジオ)が、6日に動画配信サービス「WRESLE UNIVERSE」で放送され、セミファイナルで同王者の佐々木が、木高イサミ(38=BASARA)、勝俣瞬馬(27)を挑戦者に迎えて、ハードコア3WAYマッチで防衛戦に臨んだ。

リング内外には、ラダー、テーブル、イス、一斗缶、大型バケツ、竹刀、レゴなどが設置され、場外カウント、ロープエスケープ、反則カウントはなしのルールで行われた。

試合は佐々木とイサミのバチバチの竹刀合戦で開戦。佐々木から、さんざんこき下ろされていた勝俣も大奮闘して、三者が入り乱れて、一進一退の攻防が続いた。20分過ぎ、勝俣は佐々木をイス盛りの上へのペディグリー、さらに佐々木の体の上にイスを置いて、ムーンサルト・フットスタンプをさく裂させて追い込んだが、イサミがカット。その後、急所攻撃で勝俣の動きを止めた佐々木が佐々木式ウラカンラナで丸め込んで、3カウントを奪取し、24分超の大乱戦をモノにした。

イサミが「今日の負けは認めます。佐々木さん、次はシングルじゃねぇか?」とアピールするも、佐々木は「疲れたから、10年後」と回答。イサミは「せめて五輪イヤー、来年会いましょう!」と期日を指定して、リングを降りた。

そして、佐々木は「次の挑戦者はオレが決めさせてもらう。高梨将弘だ!」と逆指名して退場した。

バックステージで佐々木は「もうイヤだ。ハードコアなんか2度とやりたくない。プロレスもしばらくやりたくない。家に帰りたい」と疲労困ぱいの様子。イサミのアピールに関しては、「満足した。オレのプロレス人生に悔いない。10年後にしろ。来年まで家から出ない」と話した。高梨に関しては、「休んでるのか? じゃあアイツの家でやる。アジア代表として指名してやった。このベルト、本来の形、ユニバーサルに戻す。アイツが戻るんなら、オレも復帰する。オレの緊急事態宣言は終わっちゃいねぇ。外に出たくない。(高梨は)足の1本、2本折れててもできんだろ? プロだろ?」と話し、あくまでも高梨とのタイトル戦にこだわっていた。だが、高梨は3月に左足の腓骨と脛骨(けいこつ)を骨折し、復帰のメドがまだ立ってないだけに、佐々木の希望が通るかどうかは流動的だ。

イサミは「ベルトには興味ある。佐々木、勝俣という人間に興味出てきた。ハードコアでもいいし、レスリングを堪能したい。DDTだけじゃなく、プロレスに飢えてる。本当の意味でプロレスがしたい。お客さんの前に出たときに、すごい自分になってやりたい。(佐々木と)前回やったのは4、5年前。五輪イヤーの来年には(シングルで)実現したい。それまで何回か当たるかもしれないし、DDTなりBASARAなり見てほしい」とコメント。

勝俣は「佐々木に指名もらったときから、自分の1パーセントを信じて、この闘いに挑んだ。イサミさんが入ってきたら、0・5パーセントになったのかもしれない。血だらけだけど、こんなボコボコにされても生きてる。まだ終わらない、覚えとけ!」と雪辱を期していた。

WRESTLE PETER PAN 2020【DAY1】
【日時】2020年6月6日(土)
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ DDTにレギュラー参戦したい選手によるシングルマッチ 30分一
本勝負
○島谷常寛 vs 立花誠吾●
5分40秒 逆打ち

▼第二試合 30分一本勝負
石井慧介&●HARUKAZE vs 大和ヒロシ&安納サオリ○
8分57秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第三試合 30分一本勝負
○高尾蒼馬&マッド・ポーリー vs 中村圭吾&岡谷英樹●
10分22秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ

▼第四試合 新潟女子プロレス(#njpw)プレ旗揚げ戦 in 坂井精機株式会社 時間無制
限一本勝負
○水戸悠夏子 vs ポコたん●
4分18秒 片エビ固め
※ビューティフル・クロスボディ

▼第五試合 30分一本勝負
秋山準&●渡瀬瑞基 vs 彰人&飯野雄貴○
13分19秒 片エビ固め
※スピア

▼第六試合 DDTvs金剛全面対抗戦! 30分一本勝負
高木三四郎&樋口和貞&●松永智充 vs 拳王&マサ北宮&覇王○
19分19秒 トルネードクラッチ

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権ハードコア3WAYマッチ 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 木髙イサミ<挑戦者> vs 勝俣瞬馬●<挑戦者>
24分12秒 佐々木式ウラカンラナ
※第2代王者が3度目の防衛に成功。

▼メインイベント TOKYO 2020 LAST MAN STANDING 時間無制限一本勝負
●ヨシヒコ vs 竹下幸之介○
15分4秒 爆発

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事