【WWE】アスカがカイリ救出によるリングアウトで王座奪還ならず

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカがカイリ救出によるリングアウトで王座奪還ならず

日本時間7月28日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたロウが配信された。

真のロウ女子王者を決めるべくアスカ(withカイリ・セイン)とサーシャ・バンクス(withベイリー)がロウ女子王座決定戦で再び激突した。

先週行われたPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」のロウ女子王座戦が不完全決着となった両者は激しい攻防を展開。

試合前にセコンドのカイリがベイリーを追いかけ回したことでセコンド不在となると、アスカがドロップキックからヒップアタックやシャイニング・ウイザードを決めて攻め込んだ。

サーシャもバックスタバーで反撃すると、レフェリーの死角でアスカに王座ベルトを渡して反則勝ちを狙うも失敗。

試合終盤にはサーシャがバンク・ステートメント、アスカがアスカロックやアンクルロックを繰り出してシーソー戦を展開すると、突如会場ビジョンにバックステージでベイリーに暴行を受けるカイリが映し出された。

これを見かねたアスカは敗戦を覚悟してカイリを救出しにバックステージに向かうと試合はリングアウト裁定。

試合後、正式にロウ女子王座を戴冠して2冠王者となったサーシャが「やったぞ!やったぞ!」とベイリーと大喜びすると、王座奪還を逃したアスカはカイリの容体を心配しながら「あいつらしばくぞ!おら」と声を震わせて報復を誓った。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事