【スターダム】林下詩美が「2021年度プロレス大賞」女子プロレス大賞を受賞

今年で48回目を迎える東京スポーツ新聞社制定「2021年度プロレス大賞」の選考会が12月13日に行われ、女子プロレス大賞をスターダムのワールド・オブ・スターダム王者・林下詩美が初受賞した。2018年には新人賞も受賞している。

受賞をした林下コメント
「この度、2021年度女子プロレス大賞を受賞することができました。応援してくれてる皆さんや回りで支えてくれている皆さんのおかげで取れた賞だと思っています。本当にありがとうございます。これからも林下詩美は女子プロレス大賞の名に恥じないように、クールにロイヤル、そして美しく女子プロレス界のスターダム、トップを駆け抜けていきたいと思っています。皆さんに会えるその日までごきげんよう」

林下は12・29両国国技館大会で朱里とのワールド・オブ・スターダム&SWAの二冠戦を控えており、先日の会見にても「私はまだまだ赤いベルトをかけてやりたい相手もいますし、このベルトの最多(防衛)記録も塗り替えたいと思っています」と意気込みを語っていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加