【高瀬みゆき】《第1弾》青春時代を過ごしたアクトレスガールズ、そしてYOLO始動!溢れる元気でプロレス界を駆け抜ける!!

現在フリーランスとして活動中の高瀬みゆきは元気溢れる試合で様々な団体からオファーを受け活躍している。

所属していたアクトレスガールズが2021年12月31日をもってプロレス団体としての活動を終了、Beginningの解散に伴い卒業となった。

現在は小林香萌とエンターテイメントチーム・YOLOとしても始動。

今回のロングインタビューでは、現在の活動、2021年左肘内側側副靭帯損傷での欠場期間やアクトレスガールズ時代の思い出、元気の源について、理想のレスラー像などたっぷりと語ってもらった。

【現在の活動状況】

――復帰されて久しぶりなので元気な姿が見られてよかったです。

高瀬:めちゃくちゃ元気です(笑)

――(笑)今は復帰して100%の状態ですか?

高瀬:100%状態です。もう何の心配もなく。ただ、やっぱり体力がちょっと…。

――落ちました?

高瀬:落ちましたね。入院中もスクワットや腹筋など、肘を使わないものはやらせてもらえたんですけど、やっぱり走り回ることはできなかったんで。

――そうしたら持久力やスタミナ面に課題ありですか。

高瀬:そうですね。

――やっぱりちょっと息が切れやすくなったりっていう感じですか?

高瀬:切れやすくなったり、やはり受け身を取りながら動くっていうのはプロレスならではの体力の消耗というか。試合をした時に「え!?こんなんでバテてたっけ、私」って思いますね。

――やっぱり受け身を取ってた感覚みたいなのが、間が空くと頭の中でのイメージと体のダメージとの差が結構大きかったって感じなんですか。

高瀬:「こんなだったかな…」と思いながら(笑)

――でも、やっぱり試合数をこなしていくと、その辺の感覚も戻ってくるんでしょうね。

高瀬:だいぶ改善はされてきました。

――プロレスラーにしか分からない話ですよね。ちなみに、現在の活動状況について、教えてください。

高瀬:今、もう完全に個人で活動してまして、一応、小林香萌さんと一緒に活動するYOLO(You Only Live Once:人生一度きり)ということで、連絡を取りながら「何かやれたらいいね」と話し合いはしています。試合のオファーは完全に個人で受けて参戦するっていう感じですね。個人のグッズなども。

▼2021年12月23日チーム・YOLOとしての活動を発表

――全部自分で決めて、自分でやってらっしゃるんですね。

高瀬:そうですね。

――今までアクトレスガールズとして活動してきたので、個人でやる、その違いみたいなのってどういうところがあるんですか?

高瀬:私は結構アクトレスガールズの時から、自分のポートレートも自分で作って撮影をやってとかしてたので、あまり正直、変わり映えはないんですけど。ただ、練習が決まった時にないのは一番大きいですかね。あと、ちょっと寂しく思うのは、帰る場所がないっていうのが。やっぱり参戦していても、ずっとアウェイじゃないですか。今までは必ずセコンドに誰か来てくれたり、試合を見て「この間の試合、〇〇だったね」っていうふうに話せる仲間がいたのがいなくなったので、それはちょっと寂しいなって思います。

――それら以外は基本的に今までやられてたことと、特に変わりはなく?

高瀬:そうですね。意外と変わり映えなく、元気にやってます(笑)

――元気そうな姿が見れて、本当によかったなと思います。そして…きれいになりましたね(笑)

高瀬:(笑)ありがとうございます。

 

【欠場期間の過ごし方】(2021年7月から左肘内側側副靭帯損傷で欠場、12月復帰)

――ちなみに欠場期間中はどういうふうに過ごされてたんでしょうか?

高瀬:欠場中に入院してた時も「全然トレーニングしていい」と許可をもらっていたので、病院の部屋でスクワットをして、汗だくになりながらみたいな(笑) とりあえず筋肉を落とさなくていいところは絶対に筋肉を落とさないようにしようと思って、ずっとトレーニングしてました(笑)

―(笑)それ、だけど看護師さんとかに何か言われました?

高瀬:笑ってました(笑) パーッて見回りに来てくださるじゃないですか。(ベット横のスペースから)汗だくで「お疲れ様です」って言ったら「アハハ」って笑ってました。なので、だいたいシャワーは、隔日(2日に1回)とかなんですけど、毎日やらせていただき…。

――入らせてもらってたんですね(笑)

高瀬:はい(笑)「足りないよね」って言って、毎日入れさせてもらいました。

【コロナ禍の過ごし方】

――コロナの影響もちょっとあって、世の中的にはなかなか外出を遠慮するようなムードとか、外で騒ぐみたいなムードがなかった時期にかぶってる部分もあると思うんですけど、コロナ禍の過ごし方っていうのは、どのように過ごされてたんですか?

高瀬:コロナ禍も同じですね。本当に、はやりだしたひどかった時は、もう一切家から出ませんでした。コンビニに行くのでも何か言われるような時代だったので、一切出なくてヨガマットを買ってその上でできるトレーニングだけをして、あとはもう…ごはんとかもスーパーのUber Eats(ウーバーイーツ)みたいなのがあるじゃないですか。

――ありますね。

高瀬:あれで食材を買って、家の中で過ごすみたいなのを2か月ぐらいやってました。

――もう完全に孤独との闘いになりますよね。

高瀬:なので毎日9時半から、自分のYoutubeで雑談の生配信をしてました。

――それはご自身にとってファンとの接点が持てるところで、やはり心のよりどころになってきたりするんですかね。

高瀬:めちゃめちゃなりましたね。結構見てくれてる方はそんなに大人数いないんですけど、やっぱり喜んでくださいましたし、不思議なことに、私のプロレスを見たことがないのに生配信に毎日来て「興味を持ったから」って言って、復活した後に初めて試合を見に来てくれた方も(笑)いらっしゃったりとか。

――ではプロレス界に引き込んだ窓口ですよね、そういう部分では(笑)

高瀬:はい、引き込みました(笑)

――高瀬みゆきという存在自体に興味を持ってくれた方々と、そういう部分での接点が新しいチャネルで、新しいファンの開拓にもつながったということですね。

高瀬:そうですね。

――その活動は、自分にとっても日々の励みにもなったりっていうところなんですね。

高瀬:なりました。おかげですごく、人の前に出るっていう意識を忘れずに済みましたし。

――結構やっぱりコロナ禍で、皆さんうっぷんがたまったり元気がなくなったりするようなことが世の中的には多かったと思うんで、高瀬さんみたいに、そういう時でも新しいものにチャレンジできるというのは、自分の中でどうやって芽生えてきたのですか。

高瀬:結構昔から考え方が「変えられないものは仕方ない」と受け入れる事が多いです。意外とどんな状況でも、私は自分の意志に向かってぶち壊していくみたいなイメージを持ってる方も多いんですけど、実は一回は体当たりしてみるんですけど「ここはもう変えられないな」というものがあったら、それは一回受け入れるっていうのをいつも心がけていて。受け入れたうえで、それでも自分にできることっていうのはあるじゃないですか。その中で自分の200%を出そうと。自分にできることは何かっていうことをよく考えるようにしてます。出来ないことに不満を向けるんじゃなく、出来ることを理解し考えることで新しいものが生まれると思うんです。

⇒次ページ(学生時代はスーパーマンだと認識していた・髪型を変える時の心境の変化)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3