【東京女子】天満のどかがともに今春に卒業する同期生・小橋マリカに勝利!「始めたのは一緒だし、別れるのも同じ頃になったけど、これからもお互い大丈夫」

 東京女子プロレスが3月5日、東京・両国KFCホールで「Tokyo Joshi 2022 Winter」を開催。セミファイナルでは、天満のどかがともに今春で同団体から卒業する同期生の小橋マリカをシングル戦で破った。

 2人は2015年5月にともに同団体に練習生として入り、2016年1月4日の東京・後楽園ホールで同日デビューした純然たる同期生。しかし、小橋は高校、大学受験のため、2度の休業を取ったため、天満の方が先を歩くことが多くなっていた。昨年12月にはともに今春で卒業することを同日に発表した。

 同7月23日、東京・新木場1stRINGでの「第8回東京プリンセスカップ」1回戦(小橋の勝ち)以来のシングル戦は、小橋がフロント・ネックロックで執ように攻め込むも、天満はパワーで対抗。

 最後は天満がバックフリップからキルスイッチを決めて、小橋を仕留めた。試合後、さまざまな思いが交錯するなか、2人はガッチリ握手を交わした。

 バックステージで天満は「練習生として初めて道場に行って、その1週間前からマリカはいて。一緒にやっていくことでどんな相乗効果が生まれるんだろうって、すごく練習生の頃から楽しみにしてた。始めたのは一緒だし、別れるのも同じ頃になったけど、これからもお互い大丈夫。そんな気がしました」とコメント。

 小橋は「最近、私のことを中学生の頃から知ってる先輩たちとのシングルが続いて、終わる度に東京女子への愛を感じてたんですけど。今日は同じ時期に練習を始めて、同じ日にデビューして、同じ時期に卒業を決断した、すごく大切な同期とのシングルを通して、“もう卒業するんだ”って実感が濃くなった気がして。道は違うんですけど、お互いに大きな決断をして、夢に進んでいく仲間なので。試合を通して背中を押し合えたのかなって。私はすごくそれを感じて、(のどか)お姉さんもそれを感じてくれたらうれしいです」と話した。

【大会名】Tokyo Joshi 2022 Winter
【日時】2022年3月5日(土)
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】202人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
角田奈穂&●鳥喰かや vs 桐生真弥○&猫はるな
10分34秒 片エビ固め
※スパインバスター

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○ハイパーミサヲ vs 愛野ユキ vs 遠藤有栖●
7分53秒 ラ・マヒストラル

▼第三試合 20分一本勝負
○乃蒼ヒカリ&上福ゆき vs らく&原宿ぽむ●
8分50秒 ブリザード・スープレックス・ホールド

▼セミファイナル 15分一本勝負
○天満のどか vs 小橋マリカ●
9分12秒 片エビ固め
※キルスイッチ

▼メインイベント 30分一本勝負
山下実優&坂崎ユカ&瑞希&○伊藤麻希&鈴芽 vs 中島翔子&辰巳リカ&渡辺未詩&荒井優希●&宮本もか
23分45秒 伊藤パニッシュ

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事