【ストロングスタイル】“初代タイガーマスク”佐山サトルが急逝した故・アントニオ猪木さんへ追悼の30カウントゴングを実施へ!11・23大阪大会、12・8後楽園ホール大会に向け各選手が闘魂を燃やす!

初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスが11月15日(火)、『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.19[闘宝伝承2022-2nd]』および『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.20』についての記者会見を行った。

会見に出席したのは、初代タイガーマスクこと佐山サトル総監、平井丈雅代表、ジャガー横田、石川雄規、日高郁人、スーパー・タイガー、間下隼人、タイガー・クイーン、そして現レジェンド王者の真霜拳號。

まずは初代タイガーマスクが挨拶を行った。

初代タイガーマスク「本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。私からは、先日亡くなられた猪木さんのことをこの大会に表していきたいと思います。10カウントゴングをやらせていただきますが、これを30カウントゴングにしていきたいと思います。まだ師匠が亡くなったということで、太陽が無くなったようで、ショックでびっくりしました。良いことも悪いこともあって、すべてを鑑みても私の師匠ですから、なんとも言えない大会になると思います。私の体調はちょっとすごく悪いですけども、猪木さんが『頑張れ』と言っているような気がしました。この大会を通じてどれだけアントニオ猪木が凄かったかということを、選手のみなさんが猪木イズムを継承して、それを表して欲しい。常にそういう大会になって欲しいと思います。平井さんも頑張ってこの大会を盛り上げてください。本日はよろしくお願いします。私は体調が悪いので先に失礼します。お疲れ様です」(※初代タイガー退席)

続いて、11月23日に大阪府・コレガスタジオで実施の『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.19[闘宝伝承2022-2nd]』についての会見へ。
全対戦カード発表の後に平井丈雅代表が挨拶を行った。

平井丈雅代表「皆様、本日はお忙しい中ストロングスタイルプロレスの記者会見にお越しいただき誠にありがとうございます。先程、初代タイガーマスク・佐山サトル総監からアントニオ猪木会長へのお言葉がございました。本大会では、猪木会長への追悼ゴングを初代タイガーマスク・佐山サトルの意志、そして新間会長の意志として行わせていただきます。急遽佐山総監の体調がお悪くなりまして、この場を失礼させていただきましたことをお詫び申し上げます。」

平井丈雅代表「本日2大会につきまして、まず大阪大会につきましては、先般5月8日にストロングスタイルプロレスとしては単独で初めての大阪大会を、闘宝伝承の湯川代表とともに開催させていただき、超満員札止めという形で1席残らずチケットを完売させていただきました。ひとえに応援していただきましたファンの皆様、マスコミの皆様、選手の力添え・ファイトの賜だと思っております。年を明けずに『是非とも2回目の大阪大会を』という声がファンの皆様からも多くあり、大阪・コレガスタジオ、同じ場所で開催させていただきます。
今回もジャガー横田様を始め、船木誠勝選手、藤原喜明選手、スーパー・タイガー、間下隼人、タイガー・クイーンをはじめとして、大阪ならではの参戦選手、マッチメイクでやっていきたいと思います。メインイベントでは、スーパー・タイガーが地元大阪の池本誠知選手と一騎打ちを行わせていただきます。池本選手は皆様御存知の通り総合格闘技の選手としてもDEEPを始めとする世界王者を獲ってきた方です。今、闘いの場をプロレスのリングに場所を移して、今非常に大きな活躍をされている方でございます。スーパー・タイガーとファイトスタイルもいろんな形でスイングする、佐山総監が言うストロングスタイルを見せる、それが出来る一戦だと思っております。船木誠勝選手は、セミファイナルでご自身の師匠であられた藤原喜明組長の50周年記念試合でタッグ対決を行います。タイガー・クイーンは柳ヶ瀬プロレスの沙恵選手と対戦させていただきます。沙恵選手、先般の後楽園ホール大会でもジャガー様のご推薦で出ていただきまして、この長身の2人が闘う華麗なストロングスタイル、女子ならではのストロングスタイルを見せていただけると思っております。そして、ジャガー横田様が推薦するこの4人のタッグマッチ、前回と同じ花園桃花選手とタッグを組まれまして、今回は先般5月8日にタイガー・クイーンと一騎打ちを行い素晴らしいファイトを見せてくださったハイビスカスみぃ選手、マリ卍選手と戦われます。そして、間下隼人、先般、スーパー・タイガーを破ってレジェンド王者となられました2AWの真霜選手に挑戦して、激闘を繰り広げた間下隼人が今回、一般人の時から憧れていた金本浩二選手とタッグを組みまして、崔領二選手を始めとするランズエンド大阪勢と激闘を繰り広げてくれると思います。その他、全8試合。大阪大会、この布陣で行かせていただきます。よろしくお願いします」

平井丈雅代表「そして、12月8日。後楽園ホール大会。スーパー・タイガーを破りまして、佐山サトルの提唱したレジェンド王座、第16代王者となりました真霜拳號選手。真霜拳號選手に挑戦するのは関根“シュレック”秀樹選手と決定致しました。本日この場を以て発表させていただきます。真霜選手が10月30日2AW大会で間下隼人から防衛して『次の相手は誰だ』という話をされたときに、関根“シュレック”秀樹選手が手を挙げてくださいました。その思いは後ほど真霜選手からも語っていただきます。そしてジャガー横田様、前回9月10日の川崎大会に於きまして、ストロングスタイルプロレス女子軍団はジャガー横田様が率いるCRYSIS軍がその姿を現し、今まで弟子として牽引したタイガー・クイーン、前回の記者会見でもおっしゃっておりましたように、タイガー・クイーンとも対峙するかもしれない、かわいい弟子だからこそ相対する場合も今後出てくるかもしれない、そのお言葉が現実となりました。そして6月からタイガー・クイーンの首を狙って現れたDarkerZの3人。この三軍が入り乱れる形になると思います。CRYSIS軍総帥ジャガー横田様の対戦相手は、正規軍になるのか高瀬みゆき選手、DarkerZダーク・パンサーというある意味三軍入り乱れた形となるのではと思われるこのカードを今回団体としては提唱させていただきました。そして、ジャガー様と相対することになりました、タイガー・クイーン。タイガー・クイーンは梅咲遥選手、ディアナからウチの大会に連続参戦していただいているベビーフェイスの素晴らしい選手。梅咲選手と組ませていただき、相手はジャガー様の軍団・CRYSIS。ジャガー様の軍団のメンバーであらせられます藪下めぐみ選手、マドレーヌ選手とタッグで闘うことになりました。そしての後ほどお言葉を頂戴致します、元バトラーツ総帥・石川社長が今回出席していただきました。ストロングスタイルプロレスに参戦するのは恐らく5年ぶりになりと思います。この試合が30周年記念試合となります。石川社長の5年ぶりの参戦に対して、佐山サトルの一番弟子スーパー・タイガー、そして『佐山サトルが欠場している間ストロングスタイルプロレスを守る』と仰っていただき活躍いただいている船木選手、この3人がタッグを組んで、今大会で50周年記念試合と銘打つ藤原喜明組長、関本大介選手、そして日高郁人選手と闘います。『なんとしてもストロングスタイルを守る』と力強く言ってくれた間下隼人は、先般ウチの大会で、天才選手と誰もが認め、間下自身も『こんな天才がこの世にいるのか』と認めた槙吾選手。槙吾選手は3大会連続参戦となります。前回・前々回は2回とも間下が槙吾選手と闘ってるんですが、今回はこの槙吾選手の素晴らしさに、一緒に同じ側で組みたいとタッグを組むことになりました。相手は試合巧者のブラック・タイガー、そしてウチの大会で今常連となっております阿部史典選手と闘うことになりました。そして、タイガー・クイーンの首を狙うDarkerZのリーダーとも言えますダーク・タイガーは、ジャガー横田様の軍団・CRYSISの右腕と言って憚らない佐藤綾子選手と一騎打ちを行うこととなりました。この全6試合、皆様ご注目いただきたいと思います。試合順などは後日改めて発表させていただきます。よろしくお願いします」

▼各選手の意気込みは次ページで

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3