【WAVE】同時開催のタッグの祭典「DUALSHOCK WAVE」はチェリー&米山、Regina di WAVE次期挑戦者決定戦「NEXT」は狐伯が決勝進出!12.18千葉・2AWスクエア<全試合結果>

プロレスリングWAVEは18日、千葉・2AWスクエアにて「CHIBA WAVE Vol.2」を開催。NEXTトーナメント出場予定だった青木いつ希、そして笹村あやめが欠場となりカードが変更された。

DUALSHOCK WAVE 2022トーナメント2回戦では米山香織&チェリーが勝利、Regina di WAVE挑戦者決定トーナメントNEXT準決勝戦では狐伯が倉垣翼と時間切れ引き分けもルールにより決勝に駒を進めた。

「CHIBA WAVE Vol.2」
日時:12月18日(日)18:00開始
会場:千葉・2AWスクエア
観衆=88人

1、CHIBA・スクランブル4wave(20分1本勝負)
○川畑梨瑚(7分23秒、エビ固め)櫻井裕子●
※ブラジリアンキック。残りの2人は清水ひかり、鈴季すず

2、CHIBA・デカ盛りwave(15分1本勝負)
△宮崎有妃(時間切れ引き分け)優宇△

3、CHIBA・ライバルwave(15分1本勝負)
○SAKI(13分22秒、チョロイルド)世羅りさ●

4、DUALSHOCK WAVE 2022トーナメント2回戦(時間無制限1本勝負)
米山香織&○チェリー(13分51秒、春夜恋)旧姓・広田さくら&梅咲遥●

5、Regina di WAVE挑戦者決定トーナメントNEXT準決勝戦(15分1本勝負)
△狐伯(時間切れ引き分け)倉垣翼△
※ルール規定によりキャリアの浅い狐伯が決勝戦進出

▼前説
前説に桜花由美社長、野中美智子リングアナウンサーが登場。大会注意事項を説明したあと、青木いつ希、笹村あやめの欠場を報告。NEXTトーナメント出場予定だった青木は不戦敗となり、世羅りさの決勝進出が決定していることをアナウンスした。

また、waveではSDGsの観点より、コロナ禍で中止とされている紙テープの投げ入れを今後は廃止とし、ペンライトでの応援を推奨。引退試合など特別なときはその都度、検討されることを明かした。

▼オープニング
現在、タッグの祭典「DUAL SHOCK WAVE」とRegina di WAVE次期挑戦者を決めるためのトーナメント「NEXT」を同時開催しているプロレスリングwave。今大会では、DUAL SHOCK WAVEの2回戦とNEXTトーナメントの準決勝戦が予定されている。

まずは入場式がおこなわれ、DUAL SHOCK WAVE2回戦に進んだ旧姓・広田さくらが代表の挨拶をおこなった。

広田「みなさま、こんばんは。久しぶりの2AWスクエア大会ということで、なのに度重なるカード変更、本当に申し訳ありませんでした。しかし、結果ね、いつも思うんです。『あぁ、カード変更、残念だな…。これは本当にお詫びだな』って思うんですけど、当日、その変更のカードやると、結果そのカードが『あ、これでよかったんだ』と、皆様心からうなずいて拍手してくれる大会になるというのをいままで経験しておりますので、今日も最初以上に期待していいと思いますので、皆様、最後まで応援よろしくお願いします!」

続いて、欠場している青木いつ希からの手紙を広田がマイクなしで、青木のマネをしながら代読する。

広田「みなさま、こんばんはー! ショーーーーンキャプチャーの青木いつ希でーーーす! このたびは新型コロナウイルスによる急な欠場により、ご迷惑ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。現在、開催中のNEXT 2022(息切れして止まってしまう)…の、トーナメントの1回戦を突破し、次の対戦相手である世羅りさ選手との対戦を楽しみにしていたので、悔しい限りです! 申し訳ございません。しかし! 青木はまだまだ諦めません!……(しかし休憩)体調を万全にして必ず一から出直し……(もう一度休憩)新年からは何もかも狙っていきます。なぜなら青木は、さらにパワフルになって、帰ってきます。皆様しばしお待ちください。このたびはお手紙を読んでいただく機会をもうけてくださり、本当にありがとうございます。元気に復活します。よろしくお願いしまーーーす!」

さらに野中リングアナが笹村あやめからの手紙があることを明かし、これは引退した進垣リナさんが代読するというサプライズ。現役時代のテーマ曲で入場し、リングインした。

進垣さん「えー、代読させていただきます。(笹村のマネをして)『本日発熱に欠場となりました、笹村あやめでーーーす。まだPCRの結果は出ていません。宮崎さんとの初シングル、楽しみにしていたのになーと、心苦しいですが…GAMIさんには元気になったらまたオファーをしてくださるということなので、いまはゆっくりお休みします。パンダ、パンダ。ちなみに青木の背中は追っていません。元気になり、皆様に会えること、楽しみにしておりまーす。笹村あやめでしたー!』」

1、CHIBA・スクランブル4wave(20分1本勝負)
清水ひかりvs鈴季すずvs櫻井裕子vs
○川畑梨瑚(7分23秒、エビ固め)櫻井裕子●
※ブラジリアンキック。残りの2人は清水ひかり、鈴季すず

今年2度目となる2AWスクエア大会は、清水ひかり、鈴季すず、櫻井裕子、川畑梨瑚の4WAYマッチでスタート。最後の入場となったのがWAVE認定タッグ王者の清水。そこに櫻井、川畑も加わり3人でダンスを披露する。ところが途中で曲が止まってしまうというアクシデント!? それでも観客の温かい手拍子に救われ、最後まで踊りきった。

清水、櫻井、川畑は同じバックグラウンドがあることもあり、すずが孤立しそうな雰囲気のなかゴング。試合はすずvs櫻井、清水vs川畑のマッチアップで攻防が繰り広げられる。すずが櫻井に、清水が川畑に同時にドロップキック。すぐにすずが清水にガットショットを放って行くが、やはりすずが孤立する展開となり、清水&櫻井&川畑がドロップキック。すずがリング下へと落とされる。

元アクトレスガールズの3人がリングに残るも、清水の「今日は敵だ!」の合図を皮切りにエルボー合戦。結果、櫻井が標的となる。清水&川畑がロープに走るも、場外のすずが妨害。

復活したすずが櫻井にミサイル発射。串刺し式のランニング・ニー、逆エビ固めへ。

そこに清水&川畑も復活し、すず&櫻井にダイビング・クロスボディー。すぐにロープに走ったが、これはすず&櫻井がトラースキックで迎撃する。

川畑vs清水、櫻井vs川畑、すずvs櫻井、櫻井vs清水とめまぐるしい展開。すずと清水のハイキックは相打ちとなり、リング上は川畑vs櫻井となる。

ここを勝機を踏んだ川畑が櫻井にジャーマンSH。キックアウトされるとブラジリアンキックで仕留めた。

すると試合後に、もう一度、入場時の音楽が流されダンス。すずも加わりダンスで締めた。

2、CHIBA・デカ盛りwave(15分1本勝負)
△宮崎有妃(時間切れ引き分け)優宇△

笹村あやめが欠場したことを受け、宮崎有妃の相手が急きょ優宇に変更。98kgの宮崎と、95kgの優宇という重量級対決となった。

試合前、優宇が「ワー!」と宮崎を威嚇しゴングを迎える。力のこもったロックアップ、力比べ、重いラリアットの攻防はすべて互角。ひとまず宮崎が先にラリアットでなぎ倒すも、すぐに優宇もサイドバスター、セントーン、逆エビ固めへ。逆エビ固めをほどかない優宇に、ロープを目指す宮崎。この攻防で体力を消耗してしまい、「もうダメかもー」と弱気な発言をする宮崎だったが、実は作戦。ビッグヒップでお返しして、仰向けの優宇の上に寝ると、ザたっちの幽体離脱を再現。

「今日はな、いまのだけやりたかったんだ!」と、ミッションをクリアした様子の宮崎。ダブルアームに捕らえていく。そして逆片エビ固めへ。

切り抜けた優宇が反撃に転じると、たまらず宮崎が場外へ。優宇も追って行き打撃戦となる。宮崎が不意打ちの目突きからリングに戻ると、掟破りのみたらし団子。花道から挑戦するも、段差に突っかかり失敗。仕方なくリング端からトライするも、時間がかかりすぎて自爆してしまう。

形勢逆転した優宇が本家・みたらし団子を花道奥から成功させる。リングに戻って優宇がキャノンボール。これをかわした宮崎がムーンサルト・プレスの体勢。優宇が追いかけパワーボムを狙うが、宮崎がロープにしがみつく。息苦しくなった優宇が諦めると、改めて宮崎がムーンサルト・プレスの体勢。再び優宇が阻止してパワーボムを狙うが、やはり宮崎もしがみつく。

三度目の正直とばかりに、宮崎はムーンサルト・プレスの件からやりなおそうとするが、あっさり裏切りロープに走る。だが、優宇が追走ラリアットを放ってベアベアーズ。これは不発。逆に宮崎もダイビング・ボディープレスを放つが、かわされる。再び優宇がベアベアーズ。やはり自滅…。宮崎もダイビング・ボディープレスを放つが、かわした優宇がベアベアーズを成功させる。カウント2。キャノンボールもカウント2止まり。

残り1分から優宇がラストライドを狙うが、宮崎が回避し張り付けラリアット。ラリアットでカウント2。ラリアットは相打ちとなるも、宮崎がカバーする。カウント2。もう一度ラリアットを放つが、相打ちとなり時間切れを迎えた。

3、CHIBA・ライバルwave(15分1本勝負)
○SAKI(13分22秒、チョロイルド)世羅りさ●

本日予定されていたRegina di WAVE挑戦者決定トーナメント「NEXT」準決勝戦の世羅りさvs青木いつ希は、青木がコロナに感染してしまったため世羅が不戦勝となり、12・22新宿でおこなわれる決勝戦への進出が決定。今大会では、世羅vsSAKIのシングルマッチに変更された。両者は同期デビューとなり、対戦はこれが4度目。戦績は世羅の2勝1分となる。

ロックアップ、リストロックの取り合いからSAKIがサイドヘッドロックで捕獲する。世羅も取り返すと、SAKIはロープに飛ばすと見せかけて世羅の後ろ髪を掴んで場外へ。しかしこれが裏目に。世羅はTommyレフェリーの制止を無視してイス攻撃。

主導権を握った世羅はリング上で逆エビ固め。そこからリバース・カンパーナ。背中へのダブル・ニードロップを投下する。

SAKIもバックドロップを狙うが、世羅が踏ん張る。ならばとSAKIは世羅をロープに掛けてランニング・ニー。さらにアトミックドロップを敢行する。

のけぞる世羅だったが、セラリズムバスターで流れを変えるとコンバイン。リバース・スプラッシュ式ダブルニードロップはカウント2。

走る世羅にSAKIがブレーンバスターの体勢。しかし世羅が切り返してファルコンアロー。カウント2。ダイビング・ダブルニードロップを投下するも、SAKIがかわしてランニング・フロントキック。

自爆が響く世羅が場外へと逃れると、Tommyレフェリーがすかさずチェック。試合を止めてテーピングの処置をほどこし試合再開。

SAKIのファルコンアローはカウント1。意地を見せる世羅はフロントキックからクロスアーム式首固めへ。カウント2。

ならばと羅紗鋏を狙うが、これはSAKIがかわして丸め込みの応酬。最終的にSAKIが丸め込んで3カウントを奪った。

世羅にリベンジしる形となったSAKIだったが、「私は、これを言い訳にして勝ちたくないから、絶対来年もう1回、シングルさせてください」とマイク。

⇒次ページ(DUALSHOCK WAVE 2022トーナメント、Regina di WAVE挑戦者決定トーナメントNEXT準決勝戦)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2