【東京女子】鈴芽の夏終わる…東京プリンセスカップ1回戦敗退

東京女子プロレス、真夏のシングル・トーナメント「第10回東京プリンセスカップ」2日目が16日、東京・両国KFCホールで開催。インターナショナル・プリンセス王座挑戦など勢いにのる新世代の鈴芽だが、中島翔子にフォール負けを喫し、1回戦敗退となった。


※鈴芽は昨年ベスト4から今年は1回戦敗退

序盤こそ中島に攻め込まれたがドロップキックで流れを変えるとミカヅキ流星群。中島得意のノーザンライト・スープレックス・ホールドは決めさせず、変形グラウンド卍固めや駆け上がり式フェースクラッシャーで追い詰める。


※中島に変形グラウンド卍固めを決める鈴芽

再度のノーザンライト・スープレックス・ホールド狙いも着地して丸め込むも、これがカウント2.9止まり。すると香港スピンエルボーで倒され、最後は奥の手のロコモーション式ノーザンライト・スープレックス・ホールドで3カウントを聞いた。


※鈴芽の駆け上がり式フェースクラッシャーでも決め手にならず

「中島さん相手に私のやれることは全部全部全部やれたかなって思ってます。今はこんなにかなわないデカい相手なんですけど、いつかは天敵って言わせられるような蜂になりたいと思います」と悔しさを露わにする鈴芽。昨年ベスト4でファンからの期待も大きかった中での1回戦敗退。「こういう結果が出るものに対して背中を押してくれる人はたくさんいて、当たり前には思ってないけど、安心してみんないるって思って闘えたかな。去年は答えなきゃというプレッシャーが大きかったけど、今年はそれよりもみんないるしとノビノビできました」とコメントしていた。

【大会名】東京プリンセスカップ
【日時】2023年7月16日
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】223人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○遠藤有栖 vs 大久保琉那●
5分6秒 キャメルクラッチ

▼第二試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&●鈴木志乃&風城ハル vs 原宿ぽむ○&猫はるな&HIMAWARI
9分10秒 片エビ固め
※ぽむ・ど・じゃすてぃす

▼第三試合 20分一本勝負
瑞希&○ハイパーミサヲ vs 上原わかな&凍雅●
10分25秒 チキンウィング・フェースロック

▼第四試合 20分一本勝負
山下実優&渡辺未詩&○上福ゆき&桐生真弥 vs 愛野ユキ&角田奈穂&宮本もか&鳥喰かや●
10分16秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼セミファイナル トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●鈴芽 vs 中島翔子○
13分52秒 ロコモーション式ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼メインイベント トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●らく vs 辰巳リカ○
10分37秒 ホワイトドラゴンスリーパー

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

X(旧Twitter) で
◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加