【新日本】オカダがEVILを撃破し『G1』優勝決定戦進出!史上初の3連覇まで「あと一つ」

新日本プロレスは8月12日(土)、両国国技館2連戦の初日『G1 CLIMAX33』を開催。準決勝でオカダ・カズチカと“キング・オブ・ダークネス”EVILが激突した。

準々決勝でEVILがIWGP世界ヘビー級王者のSANADAを下し「SANADA!ざまぁみろコノヤロー!アイツがよぉ、どのチームだろうと、チャンピオンだろうと、この俺の前では無力だ。ハハハハ!オイ、次は誰だ?誰でもいいぞ。“ミスターG1”のこの俺が、全員皆殺しにしてやるからな」と饒舌に語っていた。

一方の3連覇を狙うオカダはザック・セイバーJr.を「最近のEVILがどんな闘いをしてるか分からないけど、あぁ!?チャンピオン倒したんだろ?期待してるよ。好きなようにやってくれ。それでも先を行くのはオカダ・カズチカなんでね」と受けて立つ構えをみせていた。

EVILはオカダがコールを受けた直後に襲撃、場外でラフファイト、セコンドのディック東郷との連携で攻める。

さらにレフェリーとオカダを交錯させるとHOUSE OF TORTUREのメンバーも介入してやりたい放題。

EVILのEVILを食らい万事休すかと思いきやこれを返えす。そして掟やぶりのEVILを見舞い、旋回してのドライバーからレインメーカーで勝利。オカダは3連覇を目指しての優勝決定戦に駒を進めた。

バックステージにて人差し指を立てて「あと一つ」とだけ述べて控室へ戻っていった。

ヤマダインフラテクノス Presents G1 CLIMAX 33
日時:2023年8月12日(土)  17:00開始
会場:東京・両国国技館

第7試合 時間無制限1本勝負
『G1 CLIMAX 33』準決勝
○オカダ・カズチカ
vs
●“キング・オブ・ダークネス”EVIL
18分08秒レインメーカー→片エビ固め
※オカダが優勝決定戦進出

〈写真提供:新日本プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

X(旧Twitter) で
◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加