【WWE】デイナから秒殺勝利のアスカ、ペイジと対​峙/戸澤陽は王座挑戦者決定戦逃す!


©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間11月27日テネシー州ノックスビルで開催されたRAWで戸澤陽がクルーザー級フェイタル4ウェイ戦、アスカがデイナ・ブルックとのシングル戦に出場した。
アングルGMはクルーザー級に関して、2週にわたりフェイタル4ウェイ戦を行い、3週目にその勝者2人で王座挑戦者決定戦を行うことを決定した。戸澤陽はリッチ・スワン、ノーム・ダー、アーリア・デバリと対戦。雪崩式ブレーンバスターを食らいピンチに陥った戸澤だったが、ダーにトップロープ越しのビッグブーツとトペ・スイシーダを決めて勢いに乗ると、さらにデバリにシャイニングウィザードから渾身のセントーンを炸裂。しかし、ダーのカットで戸澤はこのチャンスを逃してしまう。その後も目まぐるしく攻防が入れ替わるも、最後はスワンがエプロンからダーにハイキック、続けてフェニックススプラッシュを決めて3カウント。戸澤は挑戦者決定戦に駒を進めることができなかった。


©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカは2週続けてデイナ・ブルックと対戦。「アスカは研究してきた。試合開始と同時に仕掛けるわ」と宣言したデイナだったが、逆にゴングと同時にアスカの飛びつき腕十字に捕まりタップアウト。アスカが秒殺でデイナに勝利した。しかし、試合後に突如ペイジをリーダーとするアブソリューションが現れた。3人はアスカを取り囲むと一時はにらみ合いながら臨戦態勢に入ったが、ペイジが不敵な笑みを浮かべると、アスカは警戒しながらリングを後にした。


©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員! 各団体の情報をどんどんアップしています。 こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事