【WWE】アスカ、一時戦闘不能もアスカロックで女子6人タッグを制す

現地時間51日、カナダ・ケベック州モントリオールでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆アスカ、一時戦闘不能もアスカロックで女子6人タッグを制す

女子6人タッグチームマッチとして、アスカ&シャーロット・フレアー&ベッキー・リンチがカーメラ&アイコニックス(ペイトン・ロイス&ビリー・ケイ)と対戦した。

PPVバックラッシュ」行われるカーメラ対シャーロットのスマックダウン女子王座戦の哨戦ともなったこの試合。

相手に警戒されているアスカは試合途中にアイコニックスにエプロンから引きずり落とされると、バリケード、スチール階段にぶつけられて戦闘不能。

さらにベッキーも排除されると、シャーロットが捕まって31数的不利になってしまう。

しかし、劣勢を何とか耐え抜いたシャーロットが復活したアスカに交代すると、ペイトンにドロップキック、さらにロープ際にい3人にヒップアタックを炸裂。

さらに介入したカーメラにシャーロットがスピアー、さらにトップロープから豪快にムーンサルトを決めてアスカをサポートすると、最後はアスカがアスカロックでペイトンからタップを奪って勝利した。

カーメラ対シャーロットのスマックダウン女子王座戦が行われるPPV「バックラッシュ」は日本時間57日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事