【WWE Live Tokyo】中邑真輔がAJスタイルズとの王座戦を欠場、松葉杖で登場しファンへ挨拶!

6月29日、東京・両国国技館にて行われているWWE Live Tokyo

WWE王者のAJスタイルズとメインイベントで、ノーDQ(ディスクオリフィケーション)形式WWE王座戦を戦う予定だった中邑真輔だが、日本公演直前のジェフ・ハーディーとのUS王座挑戦を負傷欠場。

一部報道によると、警察犬に噛まれたとの話もあったが、日本公演に出場は不明だった。対戦カードが発表された際にその名前はなく、サモア・ジョーが代役で挑戦する事となった。

中邑は第2試合終了後に松葉杖姿で登場し、大声援を受けながらリングに上がり「帰って来たぜ東京!!2年ぶり、この両国国技館でロックスター、キング・オブ・ストロングスタイル中邑真輔のクリーンで正々堂々としたファイトを、お見せすることができなくて悔しいワン」と警察犬に噛まれた事を自虐ネタとして使用し、ファンへ挨拶をした。

明日30日の出場に関しても不明である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事