【アイスリボン】ジュリア退団について団体よりコメント

14日、突如アイスリボンのジュリアが本人のTwitterにて13日付での退団を発表。

団体からの正式な発表もなく、一方的だった為に話題となっていた中、スターダムの会場にジュリアが登場。

入団したい旨をコメント、衝撃的な展開であった。

こちらに関してアイスリボンよりリリースが出された。

以下リリースより

今朝、個人のTwitterでアイスリボン退団の旨の書込みがあったジュリア選手についてご報告申し上げます。

昨日10月13日に、ジュリア選手より「退団をしたい」との申し出があり、
「10月13日付けでの退団のリリース」の希望がありました。

退団に関しては強い意思を感じた為に、
退団日程の調整を行う事で話を進めましたが、本人は頑に「13日付けでの退団」を希望していました。

他の所属選手への案内や、他団体を含む既に参戦または対戦カードを発表している大会の選手の変更手続き、説明などを行う前の段階で、退団リリースは出来ない。というのが団体の見解であり、有限会社ネオプラスの社員としても順を追って退職手続きを進めようと諭していました。

13日の話し合いの時点では、退団後の予定は何も決まっていない。との事でしたが、退団を数日間の先延ばしも出来ないとの態度で話し合いは平行線でした。

その後に、今朝のTwitterで退団書き込み。
他団体への入団直訴という状況になっており、

所属選手への連絡も、退団ツィート後に社内LINEグループへのメッセージ投稿という形で、全選手が、そのTwitterやメッセージで退団を知ることとなった状況です。

現状に於いて、ジュリア選手本人から辞表の提出や、加入している保険証の返却など退職に関する一切の手続きが行われておらず、その状況に関しては、移籍先とされる団体からの確認や連絡も全くない状況です。

今後の対処に関しては、一方的な強行な行動の為に、混乱をしていますが現状の把握を行い、対処を検討していきます。

また順次参戦を発表、決定した大会に対しても、団体として誠意をもった対応を行い変更等の発表していきます。
ファンの皆様、業界の各関係者の皆様で、お騒がせして大変申し訳ありません。

スターダムは受け入れの意向をみせているだけに今後の動向が注目されるところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事