【プロレスリング・ノア】邪道外道も認めた!桃の青春がJrタッグ奪回 小峠がヘビー級挑戦の意向を電撃表明!!

「Winter Navig. 2016」12月24日(土)後楽園ホール大会

◆第4試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合

邪道&外道 vs 小峠篤司&原田大輔

GHC Jr.タッグ選手権、割れんばかりの原田コールの中、原田vs邪道の先発でゴング!

原田&小峠ベルト奪還なるか?!

 

◆第4試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合

邪道●&外道   vs   小峠篤司○&原田大輔

27分45秒(キルスイッチ→片エビ固め)

※原田大輔&小峠篤司が第29代GHCジュニア・タッグ選手権者に

 

【試合後の原田】

※小峠を残して先に退場してひとりでコメント

―試合を振り返って?

<原田>「取り返せて良かったですし、何よりお客さんの歓声がうれしかったですね」

―邪道&外道は“1+1を2にさせないプロレス”がモットー、“2になるプロレス”ができた?

<原田>「最後の最後に2にさせてもらえましたね」

―すべてのベルトをノアに取り戻したが?

<原田>「お待たせしました…ってカンジですね。来年からノアジュニア、もっともっと盛り上げていきます」

―2017年はチャンピオンとして迎えることになるが?

<原田>「チャンピオンとしてっていう前に、(※リング上で語り始めた小峠の)あのマイク全部聞いてみてください。ありがとうございました」

 

【リング上】

<小峠>「今年1年も前向きに突っ走ることができました。それも…鈴木軍、邪道外道、強いライバルたち、大阪時代からの最高のパートナーとノアで組めたから。そして、どんな状況でも、次を見るのはつらいなと思わしても、来てくれるノアファンに前向きにさせてもらいました。ありがとうございます。しっかり来年からは、自分から前向きにやっていきます。1つ…来年から『顔じゃねえ』と言われるかもしれねえ。まだまだ体がしょっぺえと言われるかもしれねえ。でも、俺は来年からでっけえやつらとやりてえ。でっけえやつらと、ヘビー級のヤツらに挑戦していくつもりや。全部否定的な意見も受け止めて、来年から荒れていきます」

 

【試合後の小峠】

―試合後に『でっけえヤツとやりたい』と話したが?

<小峠>「僕の思いを最終戦ってことで、ベルトも取り返せたし、勝手ながら伝えさせてもらったまでです。分からないですよ。会社が受け入れるかどうかは。ファンが受け入れるか。でも僕自身は、こういう状況でなんか知らんけど会社のためになる行動がしたい。それだけの思いです。全力っすね。いかなる時も。痛い思いしたっていいよ、捨て駒でもいい。全力でいくよ」

―ヘビー挑戦となると、ベルトの処遇はどうする?

<小峠>「まぁそれも踏まえてじゃないですか? まだ、思いきったことを言っただけなんで。相方もいることですし。一人では決められへんこと」

―これから原田と話し合う?

<小峠>「そうですね。でも腹くくってますよ。覚悟はできてます。覚悟が無かったらこんなこと言ってないですから」

―邪道&外道戦について?

<小峠>「僕らがやってきた短いプロレス人生かもしれないですけど、その中で最強のタッグチームやったなと。獲り返せたことが奇跡に近い。それくらいのチームでした」

―試合後にも認められたが?

<小峠>「認められるような器じゃないと思ってます。でもそういう気持ちになっていただけたのなら嬉しいです」

 

【試合後の邪道&外道】

<外道>「試合が終わったあとよ、小峠が言ってたよ。『またやりましょう』ってな。おい、おい、邪道&外道はいつでも戻ってくるぞ、コノヤロー」

<邪道>「今のこの世の中、一寸先は闇って言うだろ? 来年のことを言ったら鬼が笑うけど、来年どうなるかわからねえぞ」

 

※プロレスリング・ノアHPより

http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=9504

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事