【新日本】鈴木みのるが永田裕志との激闘を制す!鈴木「俺にはやることがあるんだよ。俺は次にいくぞ」7.31 後楽園『SUMMER STRUGGLE 2020』<全試合結果>

新日本プロレスは31日、東京・後楽園ホールにて『SUMMER STRUGGLE 2020』を開催した。

メインイベントは、因縁が続く永田裕志と鈴木みのるがスペシャルシングルマッチで対決。

バチバチのシバキ合いで会場を沸かせる激しい展開を最後は鈴木がゴッチ式パイルドライバーで永田から3カウントを奪った。

勝利後の鈴木は「永田よ、お前にひとことだけ言っとく。今日のお前の攻撃はな…………ハハハハハハハッ!ひとつも痛くねぇんだよ!バーーーカ!!」と永田に言い放つと、さらには「俺にはやることがあるんだよ。俺は次にいくぞ」と次なるターゲットがいることを示唆した。

セミファイナルでは、8.29(土)明治神宮野球場大会でのIWGPヘビー級·IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合の前哨戦、”悪の二冠王”EVILと挑戦者·内藤哲也がタッグマッチ対戦。EVILがBUSHIからギブアップを奪い前哨戦を制した。

IWGPタッグ王者組のタイチ&ザック·セイバーJr.が王座奪還を狙う、棚橋弘至&飯伏幸太との対決は鈴木軍が勝利。

試合後のバックステージでタイチは飯伏向けて「棚橋は捨てて、新しい方向に歩け。新しい方向、道は2つある。違う奴と組むか?俺らのところに来てもいいぞ」と勧誘した。

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年7月31日(金) 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:482人(札止め)

第1試合 20分1本勝負
後藤洋央紀&石井智宏&○矢野通&YOSHI-HASHI
vs
小島聡&田口隆祐&辻陽太●&ゲイブリエル・キッド
9分59秒 横入り式エビ固め




第2試合 20分1本勝負
鷹木信悟&○SANADA
vs
真壁刀義&本間朋晃●
10分53秒 Skull End




第3試合 30分1本勝負
タイチ&ザック・セイバーJr&○エル・デスペラード&金丸義信&DOUKI
vs
棚橋弘至&飯伏幸太&天山広吉&マスター・ワト&上村優也●
14分11秒  ピンチェ・ロコ→体固め




第4試合 30分1本勝負
オカダ・カズチカ&○SHO
vs
高橋裕二郎&外道●
10分38秒 腕ひしぎ十字固め




第5試合 30分1本勝負
○EVIL&石森太二
vs
内藤哲也&BUSHI●
9分53秒 Scorpion Deathlock





第6試合 スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負
○鈴木みのる
vs
永田裕志●
20分36秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事