【新日本】21年ぶりの神宮大会、内藤がEVILから二冠王座奪還!<8.29神宮大会>

29日(土)、新日本プロレスは21年ぶりに東京・明治神宮野球場で『SUMMER STRUGGLE in JINGU』を開催した。

21年ぶりの神宮決戦は豪華カードをラインナップし、各タイトルマッチを中心に激闘が繰り広げられた。

メインを飾るのはIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠を賭けて王者EVILに前王者である内藤が挑む一戦となった。

試合はEVILに加勢したディック東郷が内藤に襲い掛かり荒れた展開となったが、LOS INGOBERNABLES de JAPONのSANADAとBUSHIも加わりBULLET CLUBの排除に成功。

しかし王者EVILもラフファイトを展開し猛攻を見せるも最後の急所攻撃を内藤が回避すると一気に攻勢へ。

最後はバレンティアからデスティーノを決めて二冠王座の奪還に成功した。

メインを締めた新王者内藤は大合唱が出来ない昨今「今日は皆様と一緒に大合唱が出来ませんが、ぜひ心の中で一緒に叫んでください」とマイクし、最後は「デ・ハ・ポン!」で大会を締めくくった。

そして真夏の神宮の夜空に花火が打ち上がった。

D4DJ Groovy Mix Presents SUMMER STRUGGLE in JINGU
日時:2020年8月29日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・明治神宮野球場
観衆:4,710人

▼第6試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合
<第71代IWGPヘビー級&第25代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>
“キング・オブ・ダークネス”EVIL ✖
vs
<チャレンジャー>
内藤 哲也 〇
※両王座ともに2度目の防衛戦
26分20秒  デスティーノ→片エビ固め
※EVILが2度目の防衛に失敗。内藤が新チャンピオンとなる

<連続写真でご覧下さい>

「心の中で一緒に叫んでください!」内藤が“デ・ハ・ポン”の大合唱!

<試合後バックステージコメント>

内藤「もうレスラーになってかなりの時間が経つけどさ、未だにプロレスファン気質が抜けないからさ。この神宮球場、21年前、レフトスタンドで見ていたこと、あの頃のこと、思い出しながら試合しちゃいましたよ。これはもしかして、プロとして失格かもしれない。これが俺の一番の弱点であり、一番の武器かな。21年前の俺に改めて言いたいよ。『キミは21年後、この神宮球場大会のメインイベントで試合し、そして勝利して、マイクで締めることになるよ』ってね。21年前の俺がレフトスタンドにいたら喜んで、『デ! ハ! ポン!』って、心の中で叫んでくれたことでしょう。とりあえず2本のベルトを獲り返した、いやレンタル期間が終了しただけ。返してもらったから。9月から始まるシリーズ、短期シリーズだけどさ、多くのお客様に去年散々言った偉業を達成した姿をお見せしに行きますよ。誰も求めてないかもしれない。誰もそんなこと望んでないかもしれない。そんなこと関係ないよ。俺がやりたいだけだから。俺が見せびらかせたいだけだから。『ほら、宣言通り偉業達成したぜ』って姿を見せたいだけだからさ。誰に何を思われたって構わないよ。俺がしたいことをする。それだけ。9月の3日から2本のベルトと共に入場しますよ。
さあ、皆様質問ありますか? いや、残念ながら今日は答える時間がないな。明日? 明後日? また会見があるんでしょう? え? 俺の場合ないの? そんなことないよね。俺のためにもちゃんと会見は用意されてるんでしょ? ならさ、そこで語ろうかな。そこで皆さんの質問にお答えしようかな。今日はさ、カンサードだよ。疲れちまったよ。じゃあ、俺、帰るわ。でも、今日こうして神宮球場で試合ができて気持ちがよかった。たださ、もっと多くの皆様にスタンドを埋めていただいてる状態の神宮球場でやりたかったッスよね。いろんな困難なことがあるけど、きっとその先に明るい未来が待ってるよ。そう信じて、俺はこれからもリングに立つから。
皆様も目をしっかり開いてさ、俺、そしてロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの動向をしっかりチェックしたほうがいいよ。じゃあ、皆様、またお会いしますか。アディオス!」

※EVILはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事