【新日本】EVILと東郷の闇乱闘をザックが一瞬の切り返しで返り討ち!ザック「EVIL、ハッピーハロウィーンだバカ野郎」9.20 G1 CLIMAX 30 Bブロック開幕戦 in 大阪

EVILとディック東郷のダークネス・インサイドワークをザックが一瞬の切り返しで返り討ちだ!
20日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの開幕戦を大阪府立体育会館で開催。ニュージャパンカップ優勝と前2冠覇者であるEVILがIWGPタッグ王者のザックセイバーJr.とヒール同士が開幕戦でぶつかりあった。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月20日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,640人
 
EVILはヨロイ姿でガンを撃つしぐさをしながらディック東郷を従えての入場。IWGPタッグベルトを腰に巻きながら入場したザックはディック東郷につっかかりなし崩し的にゴング。
ヒール通しの戦いは場外戦で始まりサク攻撃、EVILがイスを出してる隙にディック東郷の介入、コーナーマットを外す等やりたい放題。剥きだしのコーナーに叩きつけられたザックは腰をいためつけられるも持ち味のサブミッションと足でひねっての腕殺しで対抗する。
コブラツイストで締め付けるザックを耳を掴んで切り抜けフィッシャーマンズバスターで投げ飛ばすなりふり構わないEVIL。
 
更に雪崩式ブレーンバスターでザックの腰を強打。
強引にEVILにいこうとしたEVILを華麗に切り返したザックは不穏な動きをみせるセコンドのディック東郷も蹴り飛ばす。しかしここでEVILがレフェリーにザックをぶつけ、レフェリーが失神している隙にディック東郷がリングイン。
弱るザックにストンピングを連打し2対1でのセントーン2連発。
マジックキラーを狙った2人を巧みに切り返したザックだったがEVILは急所蹴りを狙う。これを股にはさんで切り抜けたがマットの外れたコーナーに叩きつけられたザックはダークネスフォールズで叩きつけられる。
EVILが勝利を掴み取ると思われた束の間、ザックが一転ヨーロピアンクラッチで丸め込み逆転勝利を果たした。
 
▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
✖EVIL vs ザック・セイバーJr.〇
15分54秒  ヨーロピアンクラッチ
力を振り絞り切り勝利したザックはリング外でベルトを掲げ喜びをあらわした。
 
<バックステージ>
ザック「(※右肩にベルトを掛け、終始、軽い笑みをこぼしながら)おい、EVIL、ハッピーハロウィーンだ、バカ野郎。バカ野郎と言えば、次の相手は誰か知ってるか? 新日本一のバカ野郎のナイトーだ。今日、俺に3カウント取られたのは前2冠王だ。つまり次、俺がナイトーをタップアウトさせたら、自動的にタイトルマッチが保証される。それで俺の『G1』は終わりにさせてくれ。俺はタッグ戦線に集中しないといけないんだ。札幌でナイトーをタップアウトさせて、『G1』優勝の座は仲間のタイチかスズキに譲る。2人とも頑張ってくれ」
 
 
EVIL「(※左ヒジを押さえながら)オイ、レフェリー! レフェリー、お前、ツーだろ! オイ、テメエ、カウントが速すぎるんだよ、コノヤロー。『g1』だぞ。崇高なる『G1』だぞ、コノヤロー。テメエ、『G1』を汚すんじゃねえ、コノヤロー。大阪の野郎もグルか、オイ? ああ! グルか、オイ? クソどもだな、大阪も。カスどもが……」
東郷「(※左ヒジを押さえながら、)捨てぜりふを吐き捨てるように)俺たちがよ、本当の『G1』をよ、見せてやるよ……」
<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事