【東京女子】現役アイドル・タッグ王者の渡辺未詩が前哨戦制し11.7 TDCHでのプリンセスタッグ王座防衛戦に向け視界良好!

現役のアイドルグループ「アップアップガールズ(プロレス)」のメンバーで、東京女子プロレスのプリンセスタッグ王者(パートナーは辰巳リカ、チーム名は白昼夢)である渡辺未詩(わたなべ・みう=20)が同王座のV5戦に向け、幸先良く前哨戦を突破した。

同グループは「歌って踊って闘えるアイドル」を目指すアイドル兼プロレスラーとのコンセプトのもと、アスリート系アイドルグループとして人気を博す「アップアップガールズ(仮)」の妹分との立ち位置で17年8月に結成された。メンバーは渡辺のほか、乃蒼(のあ)ヒカリ、らくの3人が在籍。9月には新曲「リングの上にも三年~All Along The Way~」を発表。同団体の興行のオープニングでは、リング上での生歌ライブで会場を盛り上げており、歌にプロレスに大奮闘中だ。

渡辺はメンバーのなかでは最年少ながら、ソフトボールで鍛えたパワーファイトで頭角を現し、昨年11月3日の東京・両国国技館大会では、デビュー2年未満でタッグ王座に戴冠。その後、4度の防衛に成功し、ほぼ1年ベルトを守り通している。同団体旗揚げ史上最大の祭典「WRESTLE PRINCESS」(11月7日、東京ドームシティホール)では、実の姉妹の「爆れつシスターズ」(天満のどか、愛野ユキ)の挑戦を受けることが決まっている。

10日に開催された東京・北沢タウンホール大会のセミファイナルで、渡辺は辰巳との白昼夢で、愛野、原宿ぽむ組と前哨戦を闘った。

渡辺は「ゴツゴツ」と会場に音が響き渡るほど、愛野と激しいエルボー合戦を繰り広げると、レーザービームを一閃。

続けて、カナディアンバックブリーカーの体勢に入ると、辰巳との合体技である白昼夢エタニティをさく裂させて、愛野をカバーし、3カウントを奪取した。

愛野から直接ピンフォールを奪い、見事に前哨戦を制した渡辺は「白昼夢になって1年経って。だんだん息も合って、ドンドン最高を越していっているので、この調子で(11・7)TDCHに向けてがんばろうと思います」とV5に自信たっぷり。

パートナーの辰巳も「感触がよくて絶好調。息も合ってたし。もう何も怖いものはありません」と笑みを見せた。

前哨戦で敗れ、勢いに乗れなかった愛野は「パートナーはぽむ。引っ張らなきゃいけない立場の私が前哨戦で負けた。白昼夢は1月(に挑戦したとき)より強くなって、完成度も高くなってホンモノ」と認めるも、「次のTDCHで勝って、私たちが一番というのを証明する」と気を引き締めていた。

また、10日の北沢大会ではコロナ禍で日米間の渡航が困難なため、第4代王者サンダー・ロサが返上して空位となったインターナショナル・プリンセス王座の決定トーナメント(8選手参加)1回戦2試合が行われ、

舞海魅星が桐生真弥を、中島翔子がらくを破り、11・7TDCHでの準決勝にコマを進めた。

優勝候補筆頭と目されている中島は「ロサとのタイトルマッチやりたかった。流れたけど、これで終わらせたくない。デビューしたばかりの子でも、遠慮なしでいきます。あのベルトを獲って、いっぱい旅をさせたい。最初にロサを指名したい」と決意をみなぎらせた。

なお、11・7TDCHでのハイパーミサヲVS赤井沙希の一戦と、同大会へのまなせゆうな(ガンバレ☆プロレス)の参戦が決まった。

フォールツアー’20~WOMM(レスリング・オブ・マイ・マインド)~
【日時】2020年10月10日(土)
【会場】東京・北沢タウンホール

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○天満のどか vs 宮本もか●
6分50秒 WARスペシャル

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
ハイパーミサヲ vs ○乃蒼ヒカリ vs 汐凛セナ●
6分5秒 回転足折り固め

▼第三試合 第5代インターナショナル・プリンセス王座決定トーナメント1回戦 15分一本勝負
●桐生真弥 vs 舞海魅星○
8分42秒 ミラマーレ

▼第四試合 第5代インターナショナル・プリンセス王座決定トーナメント1回戦 15分一本勝負
○中島翔子 vs らく●
10分25秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼セミファイナル 20分一本勝負
辰巳リカ&○渡辺未詩 vs 愛野ユキ●&原宿ぽむ
14分8秒 片エビ固め
※白昼夢エタニティ

▼メインイベント 20分一本勝負
○坂崎ユカ&瑞希&鈴芽 vs 山下実優&伊藤麻希&猫はるな●
10分48秒 オモプラッタ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事