【WWE】中邑&セザーロがキンシャサ弾でオーティス&ゲイブルに快勝

日本時間1212日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑&セザーロがキンシャサ弾でオーティス&ゲイブルに快勝

中邑真輔&セザーロがオーティス&チャド・ゲイブルとタッグ戦で激突し、中邑がゲイブルにキンシャサを叩き込んで快勝した。

序盤、オーティス&ゲイブルが交代を繰り返してセザーロを翻弄したが、セザーロがアッパーカットを放って流れを変えると、交代した中邑が蹴り連打から痙攣式ストンピングで攻め込んだ。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、セザーロがオーティスのパワーに押されてクローズラインやスプラッシュを決められたが、オーティスがこの止めのチャンスをゲイブルに譲ると、逆にセザーロがジャイアントスイングでゲイブルを豪快に振り回し、最後は中邑が必殺のキンシャサを叩き込んで3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

快勝した中邑は試合後のインタビューを受けると「オリンピアンをリスペクトするが、俺たちはアマチュアのような戦いはしない」とプロ意識を垣間見せれば、セザーロは「俺たちはきっちり仕事をしたまでだ」と勝って当然と言わんばかりに振る舞った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事