【DDT】来年1・9後楽園で翔太がUNIVERSAL王座に挑戦!2・23名古屋で高木&HARASHIMA&ディーノがKO-D6人タッグ王座にチャレンジ

 来年1月9日の後楽園大会のメインイベントで、上野勇希が保持するDDT UNIVERSAL王座に翔太(ガンバレ☆プロレス)が挑むことが決定した。

 27日、後楽園大会のセミファイナルで、彰人、平田一喜、翔太が保持するKO-D6人タッグ王座に、DDTサウナ部の勝俣瞬馬、MAO、上野が挑戦。試合は一進一退の白熱の攻防となったが、一瞬の隙を突いた翔太が上野を雁之助クラッチで丸め込んで3カウントを奪い、王者組が初防衛に成功した。

 試合後、翔太は「俺みたいなインディーレスラーに3カウント取られた屈辱を晴らすチャンスを、自分の手でつくることができるんじゃないか? UNIVERSALのベルトを獲ることで、世界中を回るプロレスラーになる夢が近づく。リベンジしたいんだったら、そのベルトを懸けてやらしてもらえないか?」と挑戦表明。上野は「負けた僕に言うことなんか何もないです。やりましょう」と受諾した。

 そして、今度は彰人が「2月23日、名古屋国際会議場で6人タッグの防衛戦をさせてください。自分たちががむしゃらに若手通信やってた頃に、DDTのトップで試合してた高木三四郎、HARASHIMA、男色ディーノ、この3人と防衛戦やりたいです」とアピール。リングに上がった高木らが、これに応じたため、2・23名古屋での6人タッグ王座戦が決まった。

 翔太は26日のガンプロ、東京・板橋グリーンホール大会でインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級王座を奪取し2冠王となっており、これまであまり陽の目を見ることがなかった苦労人が3冠獲りを目指すことになった。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2021 the FINAL!!
【日時】2020年12月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】未発表(札止め)

〈全試合結果〉

オープニングマッチ 小嶋斗偉デビュー戦 30分一本勝負
○岡谷英樹 vs 小嶋斗偉●
5分59秒 逆エビ固め

第二試合 3WAYマッチ 30分一本勝負
大鷲透 vs ○アントーニオ本多 vs 島谷常寛●
8分15秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

第三試合 抱腹絶倒!年忘れスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
●納谷木七八四郎&スーパー・ササダンゴ・マシン vs 高木三四郎○&男色ディーノ
7分40秒 片エビ固め
※ストーンコールドスタナー

第四試合 30分一本勝負
○樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希 vs 大石真翔&渡瀬瑞基●&松永智充
7分35秒 ブレーンクロー

第五試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&高尾蒼馬&マッド・ポーリー&○火野裕士with佐々木大輔 vs HARASHIMA&クリス・ブルックス&青木真也&中村圭吾●
12分56秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス

セミファイナル KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>彰人&平田一喜&○翔太 vs 勝俣瞬馬&MAO&上野勇希●<挑戦者組>
12分53秒 雁之助クラッチ
※第42代王者組が初防衛に成功。

メインイベント D王GRAND PRIX 2021優勝決定戦 時間無制限一本勝負
<Aブロック1位>●竹下幸之介 vs 秋山準○<Bブロック1位>
23分29秒 TKO勝ち
※変形アームロック→レフェリーストップ。秋山がD王GRAND PRIX2021優勝。

〈写真提供:DDTプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事