【WWE】トリプルHとオートンが対決も“小悪魔”アレクサがオートンの目を焼き払う

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 日本時間1月12日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

 “レジェンドキラー”ランディ・オートンが“ザ・ゲーム”トリプルH とメイン戦で対決も、暗闇から突如現れた“小悪魔”アレクサ・ブリスがオートンの目を焼き払った。

WWE王者ドリュー・マッキンタイアの新型コロナ陽性による欠場で最高執行責任者(COO)のトリプルHがロウ・オープニングに登場すると、その話を遮るようにオートンが姿を現した。

オートンは「マッキンタイアが来れないから登場したんだな。俺にWWE王座でも手渡してくれるのかな?」と話し掛けると、さらに「今の俺はピークだが、お前はどうだ?“ザ・ゲーム”“キング・オブ・キング”と呼ばれたお前はどうなった?このリングで俺と対戦してみるか」と挑発。

これにトリプルHは「答えはノーだ」と一度は断るも、オートンが「ステファニーのせいで根性無くしたか」と侮辱すると、怒ったトリプルHはオートンを殴り倒した。さらにバックステージで「レジェンドを代表して対戦を受けてやる」と正式にオートンの試合を受諾したトリプルHはメイン戦でオートンと殴り合いを展開。

オートンがアッパーカットやサミングで襲い掛かれば、トリプルHもバリケードや解説席にオートンを投げ飛ばすとスレッジハンマーを持ち出して止めを狙った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、会場が暗転して突如スレッジハンマーが燃え出すと異様な雰囲気の中でトリプルHは忽然と消え去り、現れた“小悪魔”アレクサがファイアボールを放ってオートンの目を焼き払った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事