【スターダム】壮絶瓦割り葬で白いベルトをジュリアが刀羅ナツコから防衛V5!ジュリア「チェーンは危ねえからやめとけって」1.17 後楽園『スターダム10周年記念日』

スターダムは17日、東京・後楽園ホールにて『スターダム10周年記念日』を開催した。

ワンダー・オブ・スターダム選手権試合は王者・ジュリアが挑戦者・刀羅ナツコを相手に5度目の防衛戦を行った。試合は凶器を繰り出しての狂気のぶつけ合い、壮絶なハードコアバトルとなった。

『スターダム10周年記念日』
日時:2021年1月17日(日) 
会場:東京・後楽園ホール
観衆:713人(コロナ対策限定人数)

刀羅ナツコに新木場でフォール負けしたジュリアは白いベルトの次期挑戦者にナツコを指名した。ナツコはこの試合をノールールでの実施を要求。ジュリアが受諾し反則裁定なしの試合形式となった。

刀羅ナツコは大江戸隊にジュリアをテーブルに縛り付けさせフロッグスプラッシュでテーブルクラッシュ!

ジュリアは大量の瓦にナツコを叩きつける

刀羅ナツコは毒霧攻撃。ジュリアの顔が緑に染まる。

ナツコの代名詞であるロープをまたいでのチェーン絞首刑を掟破りでジュリアが執行

弱ったナツコをリングに戻しグロリアスドライバーでジュリアが3カウントを奪った。

▼ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者】〇ジュリア vs 刀羅ナツコ✖【挑戦者】
グロリアス・ドライバー→片エビ固め
 
ジュリア「ナツコ、生きてるか? お前…、お前マジで最高にぶっとんでて、最高にクレイジーな女だな。こんな凶器なんか使わなくたって、オメーつえーよ、マジで。だからさ、もうチェーンはやめたら? 危ないからコレ、本当に。まぁ、またいつか、シングルやろうね、キ●●イ、アリベデルチ。ジュリアのことが好きで好きでたまらない諸君、5度目の防衛に成功しました。まだまだ防衛したい。次の防衛戦は2月のここ後楽園でやるんで、また相手を探そうと思います。それじゃ10周年迎えたスターダム、これからもスターダムから目を離すなよ。アリーーーべデルチ、またな!」
 

ジュリアのコメント

「あ~、あ~、やべえ。初めてのノーDQ、あー、ちっと待って…。今日はアイツが今までやってきたことを、私にしたことを、私の仲間にしたことを、仲間以外の他の選手にやってきたことを全部をアイツにぶつけて、オマエがいままでなにをしてきたか、今日はアイツにわからせてやる、それが今日の目的。だから、もう、チェーン絞首刑はアイツは、封印するといいなと…はあ…。5度目の防衛、たまにはこういう試合があってもいいんじゃないかなって。いろいろ意見はあると思うけど年に一回か、2年に一回か、当分やりたくないけどまた機会があったら、やりたいと思います」

――今後状況しだいではハードコア的な試合をやる可能性はある?

「今日やってみて、嫌いじゃない。嫌いじゃない。いやあちょっと楽しかったなって思っちゃったんで、状況しだい、必要ならやりますよ」

――こういった反則とか凶器は使ってほしくない? 大江戸隊全員? それともナツコだけ?

「私は反則使えばいいと思うし、ただチェーンは危ねえからやめとけって、それだけ。ナツコはチェーンを使わなくても十分やれるんじゃないですか」

――どうして瓦を持ち込んだ?

「瓦を使ってる人は見たことないので。初めてだよね、たぶん私が。と信じて、瓦を持ってきました。割れたらいいなあと思って」

――次の防衛戦は2月の後楽園と言っていたが。

「また相手を探します」

(写真提供:スターダム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事