【全日本】GAORA TVは葛西純がめんそーれを粉砕し初防衛!次期防衛戦は石川修司とデスマッチを希望!1.24 後楽園「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】

全日本プロレスは24日、東京・後楽園ホールで「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】を開催。

第5試合でGAORA TVチャンピオンシップが王者・葛西純 vs 挑戦者・ブラックめんそーれで実現した。

「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】
日時:2021年1月24日(日) 11:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:667人

ハードコアが信条で大得意な葛西純の領域にブラックめんそーれが乗り込み挑んだ一戦。パイプ椅子での殴り合い等、激しい試合となる。

ブラックめんそーれはハブを模した緑のロープで葛西純を絞首刑にする

一方の葛西純は「マスクをかぶってるから刺さらないんだよ!」とめんそーれマスクを剥いで竹串の華を咲かせる

葛西はめんそーれを抱え込んでのパイルドライバーで机をクラッシュ

さらにパールハーバースプラッシュでめんそーれを地獄へといざなう

最後は垂直落下式リバースタイガードライバーでとどめをさした。

▼GAORA TVチャンピオンシップ
【第18代王者】〇葛西純
VS
【挑戦者】✖ブラックめんそーれ

12分41秒 垂直落下式リバースタイガードライバー→体固め

※葛西純が 初防衛に成功

試合後には石川修司が挑戦表明。全日本では初となるデスマッチでの防衛戦を希望した。

(写真提供:伊藤ミチタカ氏)

▼試合後のバックヤードコメントはこちらの動画で

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事