【スターダム】岩谷麻優が世志琥との同期対決に勝利!岩谷「一緒の未来っていうのを自分は味わってみたい」3.3『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』

ⓒスターダム

女子プロレス団体・スターダムは3日、東京・日本武道館にて『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』を開催した。

第4試合で行われた、10周年記念試合では”スターダムのアイコン”岩谷麻優とスターダムの1期生の同期であった、今やSNSやテレビに出演で女子プロレスを広めている世志琥(SEAdLINNNG)が対決。

ⓒスターダム

激闘となった一戦は世志琥のラリアットやダイビングセントーンを2発くらっても立ち上がった岩谷が、スーパーキックを連発、2段式ドラゴン・スープレックスからのムーンサルト・プレスでカウント3を奪って勝利した。

ⓒスターダム

ⓒスターダム

試合後にマイクを持った岩谷は「6年ぶりに試合してくれてありがとう。6年前と何も変わってないって言おうと思ったけどめちゃくちゃ強かった!」と振り返ると「自分はスターダムのリングで10年間やってきた。世志琥ちゃんもSEAdLINNNGのリングでずっと引っ張ってきた。今までは別々の道だったかもしれないけど、これからは違う、一緒の未来っていうのを自分は味わってみたいなと思いました。」と続けた。

これを受けた世志琥も「ガンちゃん、ガンちゃんじゃない。岩谷、強くなってんじゃねえかよ!マジで悔しいけど、これがお前がアイコンって呼ばれるその理由が今日、この武道館で岩谷麻優とシングルをやってわかった気がしました。」と強さを認めると「うちの同期はスターダムにお前しかいないんだよ。うちが生まれたこのスターダムにお前しかいないんだよ!だから、うちはこれからもお前との未来をこの先もずっとつなげていきたい。今日は負けたけど、このままで終わると思うなよ。そこんとこ、よろしく」と返すと握手をして抱き合った。

ⓒスターダム

ⓒスターダム

バックステージに戻ってきた岩谷は倒れ込みながら「勝った!勝った!10年間やってきたことが無駄じゃなかった…辞めなくてよかった。そのひと言だけ」と言い残してそのまま控室へ。

世志琥は「ありがとうございました。スターダム10周年の日本武道館で試合する、その中で自分が岩谷とシングルをできたのもほんとに、なんて言うんですかね、奇跡、奇跡だと思うし、なんだろう…岩谷にも、自分はやめてからほんとに一切試合とかも見てなかったし、あんなに強くなっているとは正直思ってもなくて、ビックリしたんですけど。お互い、別々の道を今まで、この6年くらい歩んできて、やってきたことも、お互い違うと思うし。でも自分はその中でも自分なりにやっぱりいろんなところでいろんな経験積んでやってきたという自信があったので、今日もほんとに負けるつもりは一切なかったんですけど。でも、なんだろうな…今日はほんとに正直ほんとに負けて悔しいけど、なんかその勝ち負けじゃない部分っていうのも自分の中にはあって、それがけっこうデカくて。

岩谷から試合後にああいうマイクを言ってくれて、自分も今日岩谷と試合してすごい思ったし。ほんとに辞めなくてよかったなって改めて思ったし…自分には最高の同期がまだまだ日本に、そしてスターダムにいるんだなって、あらためて今日思い知らされました。今日の収穫は自分のこの10年間の中ですごい大きいものだったと思います。だからこそ、ここで終わらせたくないし、ここからつながるものを作っていけばもっともっと明るい女子プロレスの未来を見せられると思うので、はい。今日は、岩谷とシングルマッチできて嬉しかったけど、このままで済むと思うなよ。そこんとこ、よろしく」

果たして二人の未来とはどのようなものになるのか、今後の動向から目が離せない。

『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』
日時:2021年3月3日(水)開始 17:00 ※プロローグファイト開始 16:30
会場:東京・日本武道館

第4試合:10周年記念試合②/30分1本勝負
〇岩谷麻優
VS
●世志琥(SEAdLINNNG)
(15分9秒 ムーンサルト・プレス→片エビ固め)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事