【WWE】“女帝”アスカ対リア・リプリーのロウ女子王座戦がPPV「レッスルマニア37」で決定

日本時間323日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆“女帝”アスカ対リア・リプリーのロウ女子王座戦がPPV「レッスルマニア37」で決定

“女帝”ことロウ女子王者アスカがロウデビューを果たした元NXT女子王者リア・リプリーとPPV「レッスルマニア37」のロウ女子王座戦で対戦することが決定した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者アスカは対戦を熱望するペイトン・ロイスとの試合でアスカロックや顔面へのダブル・ニーを放って攻め込めば、ペイトンもダブル・ストンプを放って反撃したが、最後はアスカがアーム・バーからアスカロックでペイトンを捕まえてタップ勝ちを収めた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると試合後にロウデビューとなる元NXT女子王者リア・リプリーが登場すると「ロウデビューの今日、いきなりレッスルマニアでアスカへの王座挑戦を表明する」と会場のレッスルマニアロゴを指差して王座戦を要求。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これにアスカは「おー、おー!ええがな、ええがな。アンタのガッツ褒めてあげるわ!私には敵わないけど挑戦を受けてあげる」と受諾して2人の王座戦が決定した。

アスカ対リアのロウ女子王座戦が行われるPPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11日12日にWWEネットワークで配信される。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事