【WWE】“女帝”アスカが悪夢の王座陥落 リア・リプリーが新ロウ女子王者に

日本時間412日、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムにて行なわれたPPV「レッスルマニア37DAY2がライブ配信された。

◆“女帝”アスカが悪夢の王座陥落 リア・リプリーが新ロウ女子王者に

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女帝”こと王者アスカが祭典PPV「レッスルマニア37」のロウ女子王座戦で“新星”リア・リプリーを迎え撃つも、激闘の末にリップタイドを食らって王座陥落した。

序盤、アスカは「やってみろ!コラ」と挑発しながらドロップキック2発で攻め込むと、リアも「チャンピオンだろ!オラ」と言いながら馬乗りになってアスカを殴りつけてヒートアップ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアスカがミサイルキックからスピンキック、ヒップアタックと連続攻撃をヒットさせれば、リアもドロックキックでコーナートップにいたアスカを場外に吹き飛ばしたが、負けられないアスカはエプロンでリアを捕まえるとDDTを場外に放って激しい攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはリアがストンプ連打からプリズムトラップ、アスカもアーム・バーからアスカロックを狙ったが、最後はアスカがリアのリップタイドを食らって3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカは悪夢の王座陥落となり、リアが新ロウ女子王者となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

J SPORTS(ジェイスポーツ)オンデマンド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事