【WWE】“女帝”アスカ&ニッキーが不仲のリア&シャーロットをタッグ戦で撃破

日本時間6月8日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

◆“女帝”アスカ&ニッキーが不仲のリア&シャーロットをタッグ戦で撃破

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女帝”アスカがニッキー・クロスのパートナーとしてリア・リプリー&シャーロット・フレアーとの対戦に勝利し、その実力をアピールした。

ビート・ザ・クロック戦で敗戦した王者リアと“女王”シャーロットがニッキーとの再戦を要求するとWWEオフィシャルのアダム・ピアースがタッグ戦を提案してニッキーのパートナーにアスカが決定した。

「私たちに誰も敵わない」と意気込むアスカ&ニッキーに対し、PPV「ヘル・イン・ア・セル」のロウ女子王座戦で対戦が決定しているリアとシャーロットは不仲のまま試合に挑んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカはダンスで挑発しながらヒップアタックでリアに攻め込むと不仲のリアとシャーロットは場外で揉め出し、シャーロットはチョップでリアに交代するなど一触即発。

終盤にはアスカがスープレックスやヒップアタック、ニッキーがクロスボディをリアに放つと我慢の限界に達したシャーロットが殴り合いからナチュラルセレクションをリアに決めてしまい、最後はニッキーが倒れ込んだリアから3カウントを奪取。

試合後、勝利したアスカ&ニッキーは解説席の上でダンスを踊ってその実力をアピールするとバックステージでは「よっしゃ!勝ったぞ!私たちが王者リア・リプリーを倒したぞ」と興奮気味にインタビューに答えた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者リア vs. シャーロットのロウ女子王座戦が行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間6月21日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事