【東京女子】NEO美威獅鬼軍が「121000000」を破りプリンセスタッグ王座V2!沙希様が6・26両国で山下実優のプリプリ王座に挑戦へ「そのおベルトを奪って、もっとドン底に落としたくなったわ」

 東京女子プロレスが6月17日、東京・後楽園ホールで「Additional attack」を開催。メインイベントでは沙希様、メイ・サン=ミッシェルのNEO美威獅鬼軍が山下実優、伊藤麻希の「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」を破ってプリンセスタッグ王座V2に成功。

沙希様は同26日の東京・両国KFCホール大会で、山下が保持するプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑むことが電撃決定した。

 両チームは、ここまで1勝1敗で決着戦ともいえる一戦となった。王者組のメイ・サンはトレイを使った攻撃で伊藤を幻惑し、沙希様は重いキックで攻撃。対する伊藤はヘッドバット、逆エビ固めで攻め立て、山下も蹴りの連発で対抗した。

 15分過ぎ、沙希様と山下がミドルキック、腕へのキックの応酬。山下は沙希様にハイキックから、リターンクラッシュ、アティテュード・アジャスメントを見舞うも、メイ・サンがカット。沙希様は張り手連打、ビッグブーツ、三角絞めへと移行するも、伊藤が阻止。

美威獅鬼軍は合体技のタルトタタンを山下に決めると、沙希様がハイキックから、三角絞め、そしてベルサイユ式フットチョークで絞め上げると、危険とみなしたレフェリーが試合を止め、王座防衛に成功した。

 メイ・サンは「おペリカンさん(山下)は、このお団体で一番強いと言われているそうです。ですが、今日、沙希様がお勝ちになりました。ということは、この(プリプリの)お白いベルト、ワタクシたちが持って帰っていいってことですか?」とマイク。

 伊藤は「オマエ、東京女子のベルト持ってて、一番強いと言われて、何か言うことないのか!」と山下に投げかけた。

 そこで、沙希様は「見たらお分かりになるんじゃなくって? アナタの情けないパートナー。ワタクシ、ベルトってものに執着がないの。けれど、アナタがとっても大切そうにお持ちじゃない。アナタのそのおベルトを奪って、もっとドン底に落としたくなったわ。その大事なものを奪って差し上げてもよろしくってよ」とプリプリ王座に挑戦表明。

 山下が「やってやるよ!」と叫んで、伊藤とともに退場すると、沙希様は「お白のベルト、ワタクシたちの色、バラ色に染めて差し上げましょう。今日は有観客、久しぶりじゃなくって。ワタクシとあのペリカンさんのおタイトルマッチ、皆さまぜひ見に来てくださいまし」とアピールし、リングを降りた。

 バックステージで、沙希様は「このピンクの2本のおベルトを巻いてから、どんな刺激的で美しい日々が待っているのかと思ったら、意外と刺激がなくて大したことなかったのよ。でもね、あの2人と前にお試合したとき、少しだけ鳥肌が立ったの。それを、思い出して今日試合に臨んだんだけど。結果は当然として、あのお試合終わりのあの2人の態度。もうチャンピオンだか何だか分からないけれど、世界一情けないチャンピオンじゃなくって。あのデカ頭さん(伊藤)に捨てられるのも時間の問題だわ」と勝ち誇った。

 一方、山下が「伊藤とベルトが獲りたかった。今日は負けたけど、121000000は終わりじゃないよね?」と問うと、伊藤は「相性とかいろいろあるだろ。現実的な問題が。まずさ、沙希様に勝ってよ」と返した。山下は「私はシングルで沙希様、絶対に倒して。そっからだと思うんで。今日負けたのは悔しいけど、切り替えないとダメだから。まず私はシングル、しっかり守ります」とプリプリ王座死守を誓った。

 大会終了後、同団体では山下VS沙希様のプリプリ王座戦を6月26日の両国大会で行うことを発表した。

Additional attack
【日時】2021年6月17日(木)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】474人

オープニングマッチ 20分一本勝負
天満のどか&愛野ユキ&○らく&原宿ぽむ vs 鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖●
12分5秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 15分一本勝負
○中島翔子 vs 鳥喰かや●
7分47秒 無人在来線固め

第三試合 20分一本勝負
○上福ゆき&角田奈穂 vs 渡辺未詩&桐生真弥●
11分11秒 片エビ固め
※フェイマサー

第四試合 15分一本勝負
○舞海魅星 vs 荒井優希●
12分41秒 ミラマーレ

第五試合 20分一本勝負
○坂崎ユカ&瑞希 vs 辰巳リカ&ハイパーミサヲ●
11分49秒 片エビ固め
※魔法少女にわとり野郎

セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs 小橋マリカ●<挑戦者>
11分13秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が初防衛に成功。

メインイベント プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>○沙希様&メイ・サン=ミッシェル vs 山下実優●&伊藤麻希<挑戦者組>
19分9秒 TKO勝ち
※ベルサイユ式フットチョーク→レフェリーストップ。第8代王者組が2度目の防衛に成功。

(写真提供:東京女子プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事