【ZERO1】GLEATに絶縁状。原因は田村ハヤト!「関係ない選手&ファンに大変申し訳ない。」(大谷)

プロレスリングZERO1が会見を開き、『GLEAT』との絶縁宣言、ならびに『GLEAT』所属のエル・リンダマン選手が保持しいているジュニア2冠を剥奪することを発表した。

沖田リングアナ
「本日は、私どもにお時間を頂戴し、誠にありがとうございます。
こんな世の中で、また本日はとても後ろ向きな発表となります事を、先にお詫び申し上げます。
この度、私共ZERO1は、『GLEAT』さんとの絶縁をここに宣言させて頂きます。
重ねて、『GLEAT』さん所属のエル・リンダマン選手が保持する、当社管轄の「ジュニア2冠(インターナショナル&NWA世界ジュニア)」のベルトを剥奪とさせていただきます。
このような、物騒な話の中で、「さん」「選手」と、つけさせておりますのは、私共ZERO1も、「GLEAT」さんも、致し方なく迎えた、本意ではない、最悪の結果だっただからこそであります。

では、このような形になぜなったのか。それはたった一人の選手が行った行為が原因です。

その選手は「田村ハヤト」選手です。

簡潔にお話ししますと、田村選手とZERO1とは一昨年年末より交流を持ち、初参戦にして世界タイトル奪取という華々しい結果をだしてくれました。

そして、昨年は火祭りや世界戦などで活躍してもらい大変貢献をしてくれました。
その際、すでに田村選手はフリーなっておりましたが、しかし当団体の大切なタイトルホルダーでしたので『覚書』という書面をかわさせていただきました。

今年に入り世界王座は田中選手に獲られたもののリベンジャーズとして活躍してくれていました春の頃です。

突然、田村選手が当社の代表である人間を糾弾している。また『GLEAT』さんとの入団交渉がはじまっている。という連絡が入りました。
晴天の霹靂とはまさにこの事とばかりに、その日を境に、田村選手と当社代表との連絡が途絶えました。

当然このコロナ禍にあって田村選手の思うような収入や大会を満足には提供しずらい状況にはありましたので、ハヤト選手の口から聞ければと思い、直近の大会(大激突)に田村選手の参戦もありましたので確認をしようとしましたが、私や選手以外には田村選手は完全に無視をしました。

当初は何かの間違えであろう。あってほしいという気持ちでしたが、この『シカト』行為にてすべて彼の本意の行動とハッキリいたしました。

そしてこの行為を良しとしない人間がもう一人いました。
『GLEAT』の運営会社であるリデットエンターテインメント社の鈴木社長様でした。
鈴木社長のお話では田村選手は『GLEAT』に移籍したいとのこと。
また、『GLEAT』さんも田村選手が欲しいとのこと。
ただ、当社、またアルファジャパン様との三者の『覚書』がある以上、またZERO1との関係上、紳士的解決の為に、鈴木社長は何度もやり取りをしてくださいました。

こちらのどうして本人の口から聞けないのか。
その鈴木社長でさえ、「今回の彼の行動は間違っている」「人としての『筋』が通っていない」と。
ただ、彼のその間違いの部分さえ「私(リデット)は、今後指導していきたい」と、真剣に考えて下さいました。

大の大人が何時間も話し合いましたが、平行線でした。
そして、鈴木社長が話し合いから外れた後、突然当社代表の元に、今回の件に関する内容証明書が届きました。

今日まで、この会見をするかしないかの議論が当社でも何度も行われました。
「働きたい場所に移籍する」「それを寛大な気持ちで送り出す」
他団体さんの状況も考慮し、昨日までも検討しました。

しかし、上記はしっかりとした話し合いがなされての両者納得の行為だと。

田村選手は元甲子園球児で礼儀がなっているので個人的には今でも残念でなりません。
今回は『礼節』の問題です。

今まで昨日までお世話になった関係者を相手にいきなりナイフを突きつけるようなもの
また今回うやむやにしてしまっては彼はまた同じことを繰り返す。そう判断し今日にいたります。

大変残念ながら今回の件をリング上の事と思われないためにも、田村選手の主活動をなる「GLEAT」さんとの絶縁を鈴木社長にお伝えしリンダマン選手の剥奪をお願いした
ところ「大変申し訳ない。ご指示通り従います」と、頂戴しましたのでこの発表となりました。」

大谷 コメント
「一言で残念です。僕らの前では礼儀正しいとても好青年なので、それだけに本当に残念です。当社代表と、またアルファジャパン荒井社長は本当に彼をかわいがっていましたので。
荒井社長にいたっては「ハヤトをよろしく!」と会場に沢山のお弁当を差し入れしてくださり、会うたびに『ハヤトをありがとうね!』とおっしゃっていただいていました。

また、この件で鈴木社長はもちろんエル・リンダマン選手にも大変申し訳ない。それはCIMA選手もT-Hawk選手も鬼塚選手も。
また伊藤選手や渡辺選手や飯塚選手もZERO1のリングを盛り上げてくれ本当に感謝しています。まだまだやりたかった。

ただ当社としても代表に対して矢を向けられている限り、こういう形しか取れずここにファンの皆さんが不在なのが何よりも恥ずかしいし悔しい。
僕らはプロレスで夢や希望をファンの皆さんに与えていかなければいけないので。本当に申し訳ないです。」

話し合いで解決できなかったのかとの声もあったが天下一ジュニアシリーズに突入してしまうというスケジュールの問題もある。

 

「春からの話し合いでここまで時間がかかるとは思っていませんでした。今回、『天下一ジュニアトーナメント』を開催中で、当然優勝者とリンダマン選手とのタイトルも視野にございましたので、この剥奪により9日の天下一ジュニア優勝者に2冠ベルトを渡したいと考えます。以前『小さいころからこの白のベルトが好きでした!』と語り、『GLEAT』旗揚げ戦でも2冠を持って入場してくれたリンダマン選手には本当に申し訳ない。そのリンダマン選手に勝るとも劣らない闘いを、9日に闘う4選手(北村、ヒデ、阿部、宮脇)にはみせてほしい」(沖田)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事