【WAVE】塚田しずくの退団を発表

プロレスリングWAVEは24日、塚田しずくが精神疾患によりドクターストップとなりプロレスの継続が困難なため退団し、プロレスラーを廃業することを発表した。

また、会場での挨拶はなく、本人からのコメントが出された。

以下、団体からのリリース

弊社所属の塚田しずくですが、精神疾患により、ドクターストップがかかり、本人と話し合った結果、これ以上プロレスを続ける事が困難と判断した為、22日付けで退団及びプロレスラーを廃業する事をご報告致します。
直接会場でご挨拶が出来ない状態ですので、大変申し訳ございませんが、本人からは文章でのご挨拶になります。
皆様の前に顔を出せず、ご心配とご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありません。
今まで塚田しずくを応援して下さった皆様ありがとうございました。
第二の人生を歩む塚田しずくを静かに見守っていただければと思います。

株式会社ZABUN 代表取締役 阿部由美子

▼塚田しずくからのコメント
『皆さんご無沙汰しています。
塚田しずくです。
こんなご報告になってしまって、本当に申し訳ございません。
また、ご心配ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。
デビューしてからの5ヶ月間まだまだなんにも出来てないこんな私を応援してくだ
さって本当に本当にありがとうございました。
皆様の応援のお陰で頑張れていました。
今後のことは何も決まっていませんが、とりあえず病気を治す事を頑張ろうかなと
思ってます。
私は、waveが大好き
プロレスが大好きなのは
今も全く変わってません。
今後ともプロレスリングwaveの応援よろしくお願いいたします。
塚田しずく』

塚田は2021年4月1日(新宿FACE)高瀬みゆき戦でデビュー、アイスリボンの若手興行『P’sParty』に参戦もしており、プロレスラー廃業は残念であるが、早い回復を願うばかりである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事