【新日本】欠場中の内藤哲也が『WORLD TAG LEAGUE』で復帰!「俺とSANADAが盛り上げてみせますよ」

新日本プロレスは8日会見を行い、『G1』にて左ヒザを負傷して欠場していた内藤哲也が『WORLD TAG LEAGUE 2021』で復帰することが発表され、内藤が出席した。

内藤「オラ・アミーゴス・コモエスタス。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、内藤哲也です。皆様、ご存じの通り9月18日大阪大会にておこなわれた『G1 CLIMAX』開幕戦で左ヒザを負傷し、そして欠場……。俺の今年の『G1 CLIMAX』は0勝9敗勝ち点0という非常に情けない成績で幕を閉じました。俺は過去2度ヒザの靭帯の断裂を経験してるわけで、ヒザの靭帯が断裂した場合、手術が必要、協議復帰までに1年近くかかってしまう、そういう最悪な事態を想定しながら病院へ行ったんですが、幸い俺のヒザの靭帯は断裂しておらず、出術の必要もない。

ただ、ヒザの痛みと腫れがだいぶ残っていたんで、少し時間はかかってしまいましたが、内藤哲也、11月14日『WORLD TAG LEAGUE~開幕戦~』後楽園ホール大会にて復帰します。そんな『WORLD TAG LEAGUE』のパートナーはもちろんSANADA。昨日、SANADAに連絡を取ったんですが、(親指を立てるポーズの)この絵文字だけ返ってきましたよ。

SANADAらしいですね。皆様に言っておきたいこと、勘違いしてほしくないこと、それは俺は焦って復帰の時期を決めたわけではない。その辺に関してはご安心ください。

あと、どうせ今年も『WORLD TAG LEAGUE』は東京ドームの対戦カードが決まっている選手は不参加なんでしょ? たとえ選手が出たいと言い張っても、新日本プロレスはこの『WORLD TAG LEAGUE』に参加させないんでしょ? なんかそんな意味もよくわからない『WORLD TAG LEAGUE』ですが、俺とSANADAがこの『WORLD TAG LEAGUE』を盛り上げてみせますよ。というわけで、俺の復帰戦は11月14日『WORLD TAG LEAGUE~開幕戦~』後楽園ホール大会でまたお会いしましょう。ではでは、アディオス!」

〈写真提供:新日本プロレス〉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事