【新日本】柴田勝頼が急遽ルール変更を提案「プロレスだ」 LA道場の”愛弟子”成田蓮からPKで勝利!

新日本プロレスは4日、『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』2連戦の初日を開催し、柴田勝頼が急遽プロレスルールに変更を提案した復帰戦を勝利で飾った。

柴田は2017年4月に急性硬膜下血腫と診断され、そこから長期欠場。以降はLA道場のヘッドコーチを行いながら、復帰に向けて練習を重ねてきた。12・15両国にスーツ姿で登場して「1月4日、試合するぞ!以上!」と復帰宣言を行い決まった試合だ。

キャッチレスリングルールによるスペシャルシングルマッチは、Xとなっていた対戦相手が新日本プロレスのロサンゼルス道場に武者修行をしている成田蓮と発表された。

リングに登場した柴田はマイクを持つといきなり「ルールを変更しよう。プロレスだ。やれんのか、おい!」と成田へ問うと、成田はこれを受諾し、レフェリーも合意のもと、プロレスルールに変更。

試合はグラウンドの攻防やキックをお互いに出し合う展開を、柴田がスリーパーからのPKで3カウントを奪った。

柴田は成田と抱き合い、その後にコーナーポストに上ると復帰を噛みしめていた。

『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』
日時:2022年1月4日(火) 17:00試合開始
会場:東京・東京ドーム

▼第4試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ プロレスルール
○柴田 勝頼
VS
×成田蓮
11分46秒 PK→片エビ固め

2022年1月26日(水)開催!ストロングトークLIVE Vol.14『あべみほ生誕祭』待望の有観客イベント復活にディーバが降臨!
イベント詳細はこちら⇒https://proresu-today.com/archives/176892

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事