【ノア】GHCジュニアヘビータッグをHAYATA&小川良成が防衛!寡黙なHAYATAが試合後マイクを握る!1.4 NEW SUNRISE 2022

プロレスリング・ノアは1月4日、東京・日本武道館で『NEW SUNRISE 2022』を開催した。

メインイベントでHAYATA&小川良成のSTINGER組 vs YO-HEY&鈴木鼓太郎のPERROS DEL MAL DE JAPON組によるGHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合が行われた。

王者組のHAYATAと小川良成は1月1日のGHCジュニアヘビー級選手権試合でシングル王座をかけて直接対決。試合はHAYATAが勝利したが、試合が敗北した小川良成は握手を拒否。タッグベルトを投げ捨ててタッグ王者組の仲に亀裂が心配される状況で迎えるタッグ選手権となっていた。

試合はPERROS DEL MAL DE JAPONがユニット総出(YO-HEY・鈴木鼓太郎・NOSAWA論外・Eita・日高郁人)でHAYATAと小川良成を分断し、場外で徹底攻撃。怒った小川良成はYO-HEYの右手を徹底粉砕。HAYATAと2人で交互にYO-HEYの右手を攻め続けた。

心配されたHAYATAと小川良成の連携は問題なく展開。YO-HEYとかつてコンビを組んでいたHAYATAは互いに相手の技を読み切っての先を読み合う高度な攻防を繰り広げた。鈴木鼓太郎と小川良成のマッチアップではテクニシャン同士のジュニアらしい技の応酬を展開。

最後は鈴木鼓太郎が投げを打とうとしたところをフランケンシュタイナーで切り返そうとしたHAYATAに対して、踏ん張った鼓太郎をHAYATAが切り返し、膝立ち状態になった鼓太郎にへディック一閃。鼓太郎の頭部をマットに突き刺したHAYATAがスリーカウントを奪い、GHCジュニアタッグ王座を防衛した。

NEW SUNRISE 2022
日程: 2022年01月04日(火) 開始: 18:30
会場: 後楽園ホール

観衆:405人

GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)〇HAYATA 小川良成
vs
(挑戦者組)YO-HEY 鈴木鼓太郎✖
19分27秒 ヘデック→エビ固め
※第47代王者組が初防衛に成功

試合後、小川良成はHAYATAを置いてリングを去ってしまうも、最後に残ったHAYATAがおもむろにマイクを握る。普段は寡黙でマイクアピールをする機会がめったにないHAYATAの言動に注目が集まる中、HAYATAは「あけましておめでとう」と発言し、GHCジュニアとGHCジュニアタッグの二冠のベルトを誇示。思いもかけない珍しいHAYATAの発言に場内からはどよめきがあがった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事