【WWE】RKブロがスマックダウンを席巻!次週、ウーソズとのタッグ王座統一戦が決定

ペンシルバニア州ウィルクスバールのモヒガン・サン・アリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間5月15日に配信された。

ロウタッグ王者“RKブロ”ことランディ・オートン&リドルがサミ・ゼインやザ・ブラッドラインを相手にSDリングを席巻すると一度は幻となったSDタッグ王者ウーソズとのタッグ王座統一戦が次週のSDで決定した。

タッグ王座統一戦を実現させたいRKブロがSDオープニングに登場すると「ウーソズでは決められない。ブラッドラインで決定権を持つのはローマン・レインズだけだ」とレインズを呼び出したが、そこへ代理として現れたサミ・ゼインとリドルが対戦することに。試合は白熱の攻防を展開するとリドルが場外リングアウトを狙ったゼインにブロデリックを決めて勝利した。

さらにエンディングではRKブロが対峙したブラッドラインに「対戦しろ!俺らが統一するWWEタッグ王座のためにな」と詰め寄るとウーソズに「次週やってやる」と受諾されてタッグ王座統一戦が決定するも、最後はリドルがタイトルを掲げて威圧するレインズにジャンピング・ニーを叩き込んでその場を後にした。

WWEネットワーク
http://network.wwe.com
WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事