9・10多古町チャリティプロレスで田中将斗 VS Gサスケの世界ヘビー級戦が実現!ウクライナ人道支援募金も実施

多古町チャリティプロレス実行委員会が6月29日、都内で記者会見を開き、9月10日に千葉・多古町コミュニティプラザ文化ホールで「多古マツリ2022~多古町チャリティプロレス」(主催=同実行委員会、アルファ・ジャパンプロモーション)を開催し、メインイベントで(王者)田中将斗vs ザ・グレート・サスケ(挑戦者)の世界ヘビー級選手権を行うことを発表した。同イベントではウクライナからの難民を支援する「ウクライナ危機緊急支援募金」も実施される。

 同イベントは昨年7月11日、同会場でZERO1が全面協力する形で初開催され、サスケ、雷神矢口、大谷晋二郎らが参戦。今年もサスケ、矢口、橋本友彦をはじめ、ZERO1勢がフル出場する。


左から、田中将斗、荒井英夫会長、ザ・グレート・サスケ、コリエスニコヴァ・クセーニャさん(ウクライナ難民女性)

 主催する荒井英夫会長は「多古町は人口14,000人の小さな街。水がきれいで多古米がおいしいところです。多古町に来たとき食べた多古米がおいしくて、多古町で何かできないかということで去年やりました。今年は去年より素晴らしいものにしたい。大谷選手が提唱しているイジメ撲滅、私の会社でやってるイジメ反対運動(ピンクTシャツ運動)、そしてウクライナ人道支援を軸にやりたい」と開催の経緯を説明。

 そして、「田中選手とサスケ選手の世界ヘビー級選手権という最高のものを多古町の皆さんにお見せしようと。地方でこんなカードが組まれるのは今までになかった。素晴らしい試合をやって、大谷選手に“俺たちはやってるんだよ”というのを見せていければうれしい。当日はイジメ反対のピンクTシャツを着て、皆さんの前に出て募金活動をします」と続けた。

 昨年は他団体出場のため、参戦できなかった王者の田中は「荒井さんに話を聞きまして、“多古町を元気にしたい”と2つ返事でやらしていただくことになりました。入場無料なんで、多古町の皆さんに来ていただいて、第1試合から堪能してもらって、ウクライナの募金活動に協力していただければと。杉浦(貴)さんから、ベルト獲って、初防衛戦になるので大事な試合。大先輩であるサスケさんの挑戦受ける緊張、プレッシャーもある。多古町で今出せる最高のカードだと思ってます。多古町を必ず盛り上げます!」と力を込めた。

 挑戦者のサスケは「1つは多古町の皆さまが歓迎してくださる。多古米はおいしいし、水もおいしい。“第2の東北”が見つかったような気持ちです。多古町をもっと知りたい、お邪魔したい、プロレスをやってみたい。昨年大好評だったので、趣旨に賛同して出ることになりました。2点目、プロレスでウクライナ応援しなきゃと。大谷選手が頚髄に大ケガをして戦っている。どういう形で応援できるのか。大谷選手も、ウクライナも不可能への戦いをしています。勝てないかもしれない、でも勝たなきゃいけない。女性、子供は非難しなさい。男性は国にとどまって戦いなさいと。ウクライナの男性の気持ちを思うと、私も不可能にチャレンジしたいということで、田中選手に挑戦させていただきたい。私はジュニアですが、あえてヘビー級のタイトルに挑戦します、私の中での戦いです。大谷選手、ウクライナの皆さん、頑張って!という思いで挑んでみたいと思います」と意気込んだ。

 また、会見には5月23日にウクライナから日本に避難したコリエスニコヴァ・クセーニャさんも同席し、「ロシアは武器、弾薬をウクライナの7倍持ってるといわれています。ロシアは豊富な弾薬をウクライナ領に放っています。ウクライナへの援助は一銭たりともありがたい。情報が少なかろうとも、我々のために立ち上がってくれてありがたいことだと思います」と話した。

 多古町でもウクライナ難民の受け入れを始めており、荒井会長は「こういうきっかけでウクライナの人が多古町に来てくれればうれしい」と語った。

 なお、同イベントは2部構成になっており、第1部(13時半から)はミュージシャン、お笑い芸人、マジシャンなどが出演するエンターテインメントショー。第2部(15時から)がプロレスの試合となる。入場は無料だ。

〈写真提供:多古町チャリティプロレス実行委員会〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加