【東京女子】伊藤麻希がウィンザーに敗れIP王座が英国に流出!「時間はかかるかもしれないけど、強くなれるよう頑張るしかない」

 東京女子プロレスが7月9日、東京・大田区総合体育館で夏のビッグマッチ「SUMMER SUN PRINCESS ’22」を開催。インターナショナル・プリンセス(IP)王者の伊藤麻希が、英国EVEからの刺客アレックス・ウィンザーに敗れV5に失敗。同王座は創設以来、初めて英国に流出する非常事態となった。

 試合は序盤、体格でまさるウィンザーがやや優勢に進めた。だが、伊藤もこけし、ヘッドバット、スイングDDTで反撃。

 10分過ぎには雪崩式DDTを見舞うも、フライング・ビッグヘッドが自爆。ウィンザーは変型ライガーボムから、パワーボム、足を抱えてのGTFで伊藤にトドメを刺した。

 来日初戦でいきなり王座を奪取したウィンザーは「アレックス・ウィンザーが世界を席巻する。英国でトーナメント優勝して、もう敵なし。日本に来てIP王座も獲った。このまま世界を制す。TJPWが戻ってきて“防衛戦をやってくれ”と言うなら、もちろんやるけど。基本的には世界中どこにでも行って、私がやりたいように防衛戦したい相手とやっていこうと思ってる」と怪気炎。

 ベルトを失った伊藤は「なんで自分はいつも弱いんでしょう。もっと強くなりたい。8月にまた海外遠征があるから、切り替えていろんな世界の選手と戦って。時間はかかるかもしれないけど、強くなれるよう頑張るしかない。久々に悔しさを味わわせてくれたと思うから。感謝して、次のステップに進もうと思います。時がくれば、挑戦すればいいし」と悔し涙を流した。

【大会名】SUMMER SUN PRINCESS ’22
【日時】2022年7月9日
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】1130人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
●長野じゅりあ vs 長野じゅりあ○
4分58秒 羅生門

▼第二試合 20分一本勝負
アジャコング&○愛野ユキ&らく&原宿ぽむ vs ハイパーミサヲ&角田奈穂&猫はるな&鳥喰かや●
12分28秒 エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第三試合 15分一本勝負
○水波綾 vs 渡辺未詩●
11分53秒 片エビ固め
※ホットリミット

▼第四試合 20分一本勝負
○志田光&乃蒼ヒカリ vs 上福ゆき&桐生真弥●
13分32秒 体固め
※荒鷲ドライバー

▼第五試合 20分一本勝負
里歩&●遠藤有栖 vs 駿河メイ&鈴芽○
14分21秒 体固め
※リングアベル

▼第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●伊藤麻希 vs アレックス・ウィンザー○<挑戦者>
13分22秒 エビ固め
※GTF。伊藤が5度目の防衛に失敗、ウィンザーが第8代王者となる。

▼第七試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
●サンダー・ロサ vs 山下実優○
13分39秒 首固め

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>坂崎ユカ&●瑞希 vs 赤井沙希○&荒井優希<挑戦者組>
24分28秒 体固め
※ダブル新人賞。マジカルシュガーラビッツが6度目の防衛に失敗、令和のAA砲が第10代王者組となる。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○中島翔子 vs 辰巳リカ●<挑戦者>
19分23秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン。第10代王者が4度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事