【新日本】ランス・アーチャー3年ぶりのG1で初勝利!「後楽園は特別な場所」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月26日(火) 、東京・後楽園ホールにて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第8試合ではAブロック公式戦が行われ、トム・ローラーとランス・アーチャーが対戦。

ローラーは公式戦初戦、アーチャーは初戦バッドラック・ファレに敗北し、両者白星を掴みたいところ。

アーチャーは「エルボーを打ってこい!」とローラーを挑発。ローラーは打ち込むも、アーチャーは仁王立ちのうえさらに重いエルボーを返す。ローラーは必死で攻め込むも、最後はアーチャーがブラックアウトでローラーを抑えて3カウント。

これで、トム・ローラーは公式戦(0勝1敗=0点)、ランス・アーチャーは公式戦(1勝1敗=2点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月26日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,312人(満員)

<試合結果>

▼第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Aブロック公式戦
トム・ローラー×(0勝1敗=0点)
vs
ランス・アーチャー〇(1勝1敗=2点)
11分50秒  ブラックアウト→片エビ固め

アーチャーは「テキサスは地獄のように暑いが、今夜の後楽園の熱気には敵わない。ここは間違いなく、俺にとって特別な会場だ。あいつ(ローラー)が俺を関節技で仕留めようとしたことも、あいつの打撃技で食らった痛みも、最後には関係なかった。俺の方がデカくて、強烈で、1発1発が強い。俺のブラックアウトを食らってあいつの視界は真っ暗になった。だから“EVERYBODY DIES”なんだ、トム。次の相手が誰であろうと、次死ぬのはお前だ。」とコメント。
 

初戦黒星スタートとなってしまったローラーは、「クソ! クソ! 俺の『G1』の初戦が……俺の夢が悪夢に終わってしまった……。ランス、次にお前と当たったときは、無理心中だ。俺たちの行き先は地獄だ」とコメント。

 

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354186?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事