【ノア】杉浦貴が中嶋勝彦の猛攻を耐え抜きGHCヘビー級王座6度目の防衛に成功!<10.4後楽園>

試合後には新世代軍、フーリガンズが挑戦表面も、杉浦はグローバル・リーグを勝ってこいとコメント。

バックステージでのコメント

――挑戦者の中嶋選手はどうでしたか

杉浦「今までと違うタイプでね。まあでも、前哨戦ずっとやってきて、スカされたりしてるから。最後は結構蹴られたし、やられたけど、まあ、最後は殴り合ったんじゃないのかな。なんだろう、オヤジ狩りってこんな感じで合うのかな。ボッコボコに蹴られて(笑)殴られて訳がわからないよ」

――だいぶ蹴られましたが、なぜ耐えられたんですか

杉浦「なんでだろうね、わかんないよ。そんなこと考えてやってないもんね、身体が動くから。」

――最後はアンクルホールドで決めましたが

杉浦「もう掴んだら離さないっていうね。打撃は何回もスカされてたんで、避けられたんで、もう何か掴んで離さないでやろうと思ったんで、ああいう形になったけど」

――試合後には選手たち(新世代軍、フーリガンズ)が出てきましたが

杉浦「まあ、やっぱりこんだけ俺が防衛していると、面白くないって思っている連中がたくさんいるんでね。そういう部分で集まってきたと思う」

――防衛を重ねるごとに内容が過酷なものになっているように見えるが、実感していますか

杉浦「内容はちょっと自分ではわからないんだけど、お客さんが。凄いやりやすいよね、俺を応援してくれて。そういう意味では自分でやりやすくて、やっぱりなんかいいものを見せてると思う。お客さんの声援がそこに繋がっていると思うんで」

――次はリーグ戦という事ですが、防衛戦はリーグ戦の後に?

杉浦「そうなるでしょうね。今、誰が来るんだって考えた時に、長井がなんか言ったけど、客の反応もいまいちだったし。とりあえず若い連中は一通り倒して。まあ、清宮はあれだけど、清宮はその前に拳王との決定戦で負けてるからね。まあ、そういう意味では一通り倒したんで。やっぱりここでリーグ戦を盛り上げてやって。まあ、俺がそこで勝ったらもうノアでは完全に俺がキングだってことになるんで。それが面白くないと思ってみんな来るなら、リーグ戦は面白くなると思うよ」

――自分で「旧世代」という言葉を言ってしまったが

杉浦「だってなにがあるの(笑)」

――6度も防衛しているので「旧」ではないと思いますが

杉浦「他に何かある(笑)名前。だったらナウは?ナウ世代!だっせえな(笑) なんでもいいよ、俺は俺だから」

――スター選手らしく最後の締めも段々とかっこよくなってきている気がしますが

杉浦「まあそれはスターゆえにスターたる所以(笑) それは場数で、何回も締めてたら自然とそうなるよね」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2