【新日本】ドームを揺るがす39分の大激闘を展開!棚橋がケニーの猛攻に耐え、4年ぶりIWGPヘビー級王座を奪取!!

ドームを揺るがす39分の大激闘を展開!
棚橋がケニーの猛攻に耐え、4年ぶりIWGPヘビー級王座を奪取!!
【新日本プロレス】
WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム
2019年1月4日(金) 15:00開場 17:00開始
東京ドーム
観衆:38,162人(満員)
第9試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合 
(第66代チャンピオン)ケニー・オメガ ✖
vs
(チャレンジャー/G1 CLIMAX 28優勝者)棚橋 弘至 〇
※4度目の防衛戦
39分13秒  ハイフライフロー→片エビ固め
※ケニーが4度目の防衛に失敗。
棚橋が新チャンピオンとなる
 
バックステージでのコメント

──まずはおよそ4年ぶりのIWGP王座おめでとうございます

棚橋「ありがとうございます」

──そのベルトを手にしての今のお気持ちお聞かせください。

棚橋「何回も巻いてきたベルトなんですけど、初めてベルトを巻いたような感覚です」

──8度目になりますが、今までの7回とは違った感覚でしょうか

棚橋「まあこれから思い出すこともあるだろうし、また一緒に歩んでいけばいいんじゃないかなと、今は思っています」

──そしてドームのメインという部分では今日が3年ぶりとなりました。改めてどんなリングでしたでしょうか

棚橋「リング上でも言いましたけども、自分一人では戻って来れなかったなと思いますね。他のレスラーからいい刺激を受けたり、本当に『がんばってくれ、がんばってほしい』、なんだろう? 祈りに近いというか、みんなの声援が背中を押してくれました」

──リング上でもおっしゃっていましたけど、名前を上げるとどの選手になるでしょう。

棚橋「そうですね。いやあ、本当に『G1 CLIMAX』優勝できたのもセコンドで柴田選手が僕にエールを送ってくれたので感謝しています」

 

──今回の試合というのはご自身も表現されていましたイデオロギー闘争だと、そういったお話もありましたけど、どういったお気持ちで試合に臨んだのでしょうか?

棚橋「ケニーに対する怒りっていうのは…最初から抱いていたものではなくて。そのケニーが新日本を侵攻していく中で大事なものが壊されていくんじゃないかっていう、そういう危機感なんだけど、これで長岡で負けて、ドームで勝って、ケニーとは1勝1敗なんで、さあ次いつやりますか!という感じです」

──まだこの闘争ということに関しては終わってないということでしょうか

棚橋「まだね、本当に納得いくまでやれてないっていうのが僕の中にあるんで、ケニー、次いつやるんだ?って気持ちですね」

──ただその中で今日の試合後、4万人近いお客さんがいました。大きな歓声が聞こえたと思いますが、どのように聞こえたでしょう

棚橋「いやあ、本当に壮観でした。それをね、メインイベントのリングから見られる俺は本当にタイミングいいなと思います」

──2019年、最高のスタートを切りました。第67代の王者として私たち、あるいはファンの皆さんにどんな世界を見せてくださるでしょうか。

棚橋「ベルトっていつぶりでしたっけ?」

──IWGPはおよそ4年ぶり。

棚橋「4年ぶり。もう一回、ゼロから、イチから積み上げていきます。そういう気分です」

※ジェイ・ホワイトが近寄ってくる。

ジェイ「タナ、よくやったな。おめでとう!第1号でオマエに、よくやった、頑張ったな!と伝えたくて来たよ。俺が今日、オカダを倒したのは知ってるだろ。そして、『G1 CLIMAX』で俺がやってきたことも知ってるよな?俺はオカダよりも強い。そして、オマエよりもいいレスラーだ。本当はもう分かってるんだろ? オマエとケニーの試合も見てたよ。イデオロギー闘争を繰り広げてたけど、そんなのはどうでもいい。俺がオマエよりも上だということを見せてやる。この大観衆の前で獲得したそのベルトを、俺が奪ってやる。新日本のエースとして時代を築いてきたのかもしれないが、その時代もちょっと長すぎたんじゃないか? 今はもう俺の時代なんだ。何度も言ってるだろ? 俺がそれを証明してきた。そして最終的にオマエのベルトを奪うことで、本当の意味で俺の時代になる。オマエも年老いてきているし、リスクもあるだろうけど、そのベルトを守るために全力を尽くしたらどうだ?今はとりあえず、おめでとう。では、またすぐ会おう」

棚橋「ジェイは『全然お前なんかより俺は優れている。もう新しい時代、ニューエラなんだ』って言ってましたね」

──今日の第7試合でオカダ選手を破りましたが、ジェイ・ホワイトという選手はどのような存在だと思われていますか

棚橋「今は細かく言う必要はないけど、まあ俺とオカダにタッグ組ませたっていう意味では新日本の希望なんだよね」

──自分の時代だとジェイ・ホワイト選手はおっしゃっていましたが、この言葉はどう捉えますか

棚橋「俺の時代です!はい!」

──かつてのライバルのAJスタイルズの技を繰り出しましたがAJは品があったということでしょうか?どういう意味でしょうか?

棚橋「AJは品があります」

──今日のオメガは品がなかったですか?

棚橋「それも落ち着いてから考えます」

──先程の質問の続きですけど、ケニーが机使ったことについて。

棚橋「明確なイデオロギーの境目をボヤッとさせる。ただ勝つだけじゃない。ただ叩き潰して焼け野原で終わるんじゃない。試合後に救いを見出す。それが僕が理想とする、理想に近いプロレスなんです」

──平成最後の東京ドームでメインイベントで棚橋選手の勝利で大会が終わったんですけど、新元号最初の東京ドームが1月4日、5日とドーム2連戦になると今日発表がありましたが、先の話ですけど、ドーム2連戦と聞いて思うことはありますでしょうか

棚橋「ちょっとあの……ダメだ!大丈夫。俺がなんとかします、はい」

──品がないという言葉がありましたけど、試合後も棚橋選手はお客さんに「応援してくれてありがとう」、これがケニーさんだったら「私は最強だ」と。そういう言葉が出たと思うんですね。この差はお二人のプロレス観の違いなんでしょうか?

棚橋「それは僕がどうして今日この日のドームのメインイベントに立っていたかっていう。それはやっぱり2018年、声援でエネルギーをもらって、本当にかつてないぐらい追い風を吹かせてもらったんで、そういう意味での感謝ですね」

──40代でIWGPはいかがですか

棚橋「うん、40代だったんですね。また考えます(笑)」

──入場してきてポストに登って多分ドームの一番遠いところを見ていたと思うんですけど、なぜそこを見ていたのか? そして見ていた時にどのような光景が自分の前に広がっていたんですか

棚橋「僕はコーナーに登る時は今日だけじゃなくてどの会場でもどの体育館でも、とにかくコーナーから一番隅を見るんですよ。で、そこにお客さんがいなくて空席だった時に、必ず次この会場に来た時にはあそこも埋めるんだっていう決意を固めていたので、今日ドームの上のほうまで見た時に本当にぐっと来ました」

──その観客動員なんですけど、38,162人という発表がありまして、去年と比較して多分3000人ぐらい増えたんですね。そのことについてはどのように思われますか

棚橋「もう本当に選手のがんばり、マスコミの皆さん、ファンの皆さん、みんなの力で38,000達成できました」

──平成最後のIWGP王者になるためにはあと4カ月守り通さなきゃいけないんですが、もちろん守り通す自信はありますか

棚橋「あります!」

──昨年は東京ドームの時には勝たれましたけど悔しい思いをされて、終わってみれば「奇跡の2月と言いたい」と言われた欠場を経て、3月『NEW JAPAN CUP』準優勝、5月にIWGP挑戦、そして8月に『G1 CLIMAX』優勝。途中から「Bブロックにはできない試合をするんだ」と。私はここからイデオロギーの話が始まっているんじゃないかと思うんですが、最終的に東京ドームまで来られて「このベルトを取った時は完全復活だ」とおっしゃっていて、棚橋さんもかつてはイデオロギー闘争を乗り越えて切り開いてきたと思うんですけど、今回は守る側になったことに関してはいかがですか

棚橋「そうなんですよね。新日本らしくない急先鋒だった棚橋がいつの間にか新日本側にいるというか、新日本らしさになっていたというか、ずるいっすよね(笑)。ずるいと思います。ずるいと思いますけど、『G1 CLIMAX』で優勝したことでやっとケニーに物を言っていい資格を得たというか。そんな発言も『棚橋、何言ってんだ』で終わってたと思うんですね、それ以前はね。だから、『G1 CLIMAX』は価値ある優勝だったと」

──平成最後のドームを締めて、ご自身デビュー20周年でもあるですけど、それについては

棚橋「はい、あっという間でしたね。あっという間でしたけど、またベルトと共にこうしていいスタートを切れたので、本当に新日本プロレス、イキのいい選手もいるし、ベルトを狙われる立場になったんですけども、じっくり腰を据えてこのベルトと向き合って、一歩ずつさらに新日本プロレスを前に進めていきます」

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事