【編集長コラム】「破壊王・橋本真也さんの『破壊玉(だま)』サイン」

レスラーのサインはそれぞれが個性的で、キャッチフレーズや座右の銘を加える者が多い。

有名なところではアントニオ猪木。もちろん「闘魂」と入れるのだが、字画が多くて書くのは大変。時間がない時などには「闘魂」を省くこともあった。ただ「闘魂と入れて下さい」とリクエストされれば「え~、あれ面倒くさいんだよね」と、ぼやきながらも、ちゃんと書き入れるなど、いつ何時でもサービス精神旺盛だった。

※ジグザグジギー宮澤聡氏所蔵のプロレスカード

故・橋本真也さんはサインが大好きだった。「そりゃ、正直、面倒だなって思う時もある。でも、サインは人気のバロメーター。だから『サイン下さい』って言われるの、実は好きなんだよね」と、いたずらっ子のように笑っていた。

女性ファンには鼻歌まじりにノリノリで書いていた。もちろん「破壊王」と入れるのも忘れなかった。ところが勢いが良すぎると、つい点まで打ってしまうことも多々あった。「破壊王」に点。「破壊玉(はかいだま)」となる。

「橋本さん『破壊だま』になっていますよ~!」と、指摘されても「わわッ! 本当だ。でもいいじゃん。細かいことは気にすんなって」と一蹴。豪快に笑い飛ばすのが常だった。

茶目っ気たっぷりに、わざと「破壊玉」と書いていた時期もあった。

橋本さんのサインを持っている方、よく見れば「破壊玉」になっているかも知れない。

となると、橋本ジュニアの橋本大地は「破壊王子」ではなく「破壊玉子(はかいたまご)」?

大日本プロレスで活躍中の大地。時には他団体のリングに乗り込み大暴れしている。お父さんもきっと喜んでいるはず。「破壊玉子」ならぬ「破壊王子」のさらなる飛躍を、皆さんとともに見守りたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事