【新日本】KENTAがヒールターンしバレットクラブ入り!久々にリングインの柴田勝頼が孤軍奮闘するも返り討ちに合う!8.12 日本武道館大会

喜ぶバレットクラブの前で裏切ったKENTAを許さないYOSHI-HASHIが殴り掛かる

しかしKENTAを始めとした多勢に返り討ちに。LA DOJOのヤングライオンも止めに入るが返り討ち

マイクを手にしてアピールをKENTAがしようとすると…

怒った柴田勝頼がリングイン。KENTAに怒りの鉄槌をくらわす

長期欠場中でLA DOJOの若手を鍛えながら復帰を模索している柴田だが…

怒ったその姿は躍動しKENTAに勢いのある蹴りで制裁

更には自身のTake Over Tシャツを脱ぎ叩きつけると

コーナーに倒れるKENTAにエルボーを乱打

止めに入るタマ・トンガを

怒りの鉄拳で粉砕

更にエルボーをかましていると今度はタンガ・ロアが止めに入る

これも柴田の怒りの鉄拳で追い払う

コーナーに控えるバッドラック・ファレには走りこんで

激しく蹴り落とす

邪魔者がいなくなるとコーナーに狙いを定めて…

柴田得意ムーブの串刺しドロップキック

からの柴田ムーブ

一人残ったKENTAをチョークスリーパーで締め落とし

とどめのPKを狙って走りこむ

しかしロープの反動の際に待ち構えていた邪道の竹刀に邪魔をされてしまう

邪道を気にする隙に逆にKENTAにスリーパーを極められてしまう

更にはリングインした邪道の竹刀が柴田を襲う

激しく柴田の腹筋にめり込む邪道の竹刀

崩れ落ちる柴田

今度はKENTAが走りこむ。まさかの…

おきて破りのPKを柴田に見舞うKENTA

更に倒れた柴田に竹刀を振り下ろすタマ・トンガ

何度も竹刀は叩きつけられる

倒れこんだ柴田の上で柴田ポーズのあぐらをかくKENTA。柴田にはこの上ない屈辱

カメラに向かってToo Sweetポーズを決めるバレットクラブ

上部に向かって手を合わせると…

今度は倒れこんでいる柴田の身体の上でToo Sweet

KENTAは完全にバレットクラブ入りをアピールした

更に先程柴田が脱ぎ捨てたTake Over Tシャツをタマ・トンガが破り捨てる

再度、柴田を前に柴田ポーズのあぐらをかくKENTA。柴田にとってはこの上ない屈辱(2回目)

花道を引き揚げる際にもTo Sweetポーズのバレットクラブ。観客は全力でブーイングだ

返り討ちにあった柴田はしばらくリング外で失神し立ち上がれなかった。意識を取り戻すと悔しそうにリングを叩き、肩を落として淋しそうに退場していった。

 

<バックステージ>

邪道「KENTA!」
タマ・トンガ「KENTA!Hooooーッ!」
タンガ・ロア「HAHAHAHA!」
タマ・トンガ「今日は何て美しい日なんだ!何故かわかるか?何故なら今日は“バレットクラブ デイ”だからだ!」
タンガ・ロア「毎日が“バレットクラブ デイ”だけど今日は特別だな!タマが昨日twitterで言ってた通りだぜ!」
KENTA「何て言ってたんだ?」
タンガ・ロア「『明日は最高に能力の高いアスリートをリクルートする』って書いてたんだよ!」
KENTA「誰のこと?」
タマ・トンガ「誰のことか教えてやろう!世界でも屈指のアスリート!この世代で最高の選手、KENTAだ!このKENTAが俺達の仲間に入ったんだ!俺が初めて日本に来た頃、KENTAはプロレス界を席巻してた。それから海外に渡って新たな挑戦をし、そして今、この日本に戻って来た!その彼が新日本プロレスに来たというのは、GODにとってはうれしいニュースでしかなかった。彼が帰って来てくれたことを、神に感謝するぜ!バレットクラブはこれから、彼の素晴らしいエネルギーを遺憾なく発揮するユニットになるだろう。俺達がイカサマなんかじゃないということはもう分かってるだろうが、バレットクラブはこれから、KENTAが“絶好調”になるためのプラットフォームを彼に提供する!」
バッドラック・ファレ「コーチョー!」
タンガ・ロア「コーチョー!」


KENTA「いやぁ~最後『G1』締めたねぇ!滅茶苦茶、気持ちよかったなぁ…。ブーブー言ってたな!ブーブー言ってたよ!柴田も嬉しかったろう、あんだけ久々に声援浴びて。あ?礼の一つでも言いに来いって。今日から新しい始まりだよ。俺から目を離すなって言ってたろ、ここ何日かずっと。まだまだ終わんねぇぞ!」

 

石井「くだらねぇなぁ、オイ!やり方がくだらねぇんだよ!バレット行くなら最初から行けよこの野郎!2対4でやってやるよ!やり方がくだらねぇよ!KENTA!これがテメェのプロレスかおい!くだらなすぎるんだよ!バレット!テメェらも一緒だ!」
YOSHI-HASHI「おうKENTA!オイ!これがオマエのやりたかったことか、この野郎!ふざけんな、この糞野郎が!」

柴田「アイツは何て言ったんすか!KENTAは何て言ったんすか?」
――久しぶりに声援を浴びて、柴田も喜んでるだろうと


柴田「…俺がアイツのために、どれだけ苦労したのか。どれだけ苦労してこのリングにつなげたのか。アイツ、これっぽっちも分かってねぇよ!…でも、良いんじゃねぇの?良いんじゃねぇの?自分で道を見つけて、お仲間もたくさん増えて、うん。良いんじゃないすか?ただ、これだけは言っとく。どこ行ってもどこのリングでもちゃんとKENTAでいろ。関係ねぇよ、別に仲良しこよししたくて連れてきた訳じゃないし。アイツだって言ってたじゃん。迷子が道を見つけられて良かったじゃん。それだけの話だよ。良いよ別に。どうってことねぇよ。ただ、あとこれだけは言っとくよ。人の顔を蹴ろうとした時に、転ぶな!馬鹿野郎!以上!」

 

KENTAのバレットクラブ入りで風雲急を告げる新日本プロレス。今後の展開はどうなるのか?そしてやられっぱなしの柴田勝頼はこのままでいいのか?ザ・レスラーの反撃の日に期待したい。

 

【新日本】日本武道館が歓喜に包まれる!飯伏幸太がジェイ・ホワイトとの大激戦を制し、念願のG1 CLIMAX初優勝!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2