【ドラゴンゲート】望月成晃がドリームゲート次期挑戦権を獲得!望月「オマエに勝つイメージはバッチリ頭の中にあるんだよ」Ben-K「テメエはただの通過点だ!」

11日、ドラゴンゲートは東京・後楽園ホールにて『STORM GATE 2019-開幕戦-』を開催した。

第5試合にてバトルロイヤル、オープン・ザ・ドリームゲート王座次期挑戦者決定戦が行われ、B×Bハルク、KAI、Kzy、望月成晃、シュン・スカイウォーカー、吉田隆司、KAZMA SAKAMOTOが出場。

混戦のバトルロイヤルを最後は望月が16分17秒 顔面への三角蹴りでシュン・スカイウォーカーから勝利、ドリームゲート王座次期挑戦者となった。

《退場順》KAI→吉田隆司→B×Bハルク→Kzy→KAZMA SAKAMOTO
決勝:○望月成晃(16 分 17 秒 エビ固め→顔面への三角蹴り)シュン・スカイウォーカー●
※望月が挑戦権を獲得

試合後にリングに上がったBen-Kは「望月さん、ドリームゲート次期挑戦権獲得おめでとうございます。いまさら、いまさら望月さんが上がってくるとは思わなかったですよ。ただ俺のドリームゲート初挑戦を受けてくれた恩があるので、喜んで受けさせてください」とコメント。

これに対して望月は「おいBen-K、ずいぶん偉くなったな。オマエに勝つイメージはバッチリ頭の中にあるんだよ」さらに「オマエはやり過ぎたんだよ、PACとYAMATOに勝って、今がMAXだよ。こういう時こそイレギュラーって起こるからな、覚悟しとけよ」と返答。

タイトルマッチをいつやるんだ?とのBen-Kの問いに望月は「挑戦者決定戦を後楽園でやって王座戦を後楽園でやらねえバカがどこにいんだよ!」と次回10.8後楽園大会での開催が決定した。

望月「大イレギュラーを起こして年内防衛して、50歳をドリームゲートチャンピオンとして迎える」

Ben-K「まあ一言だけ。望月成晃、オマエはただの通過点だ!」とコメントを残して控え室へ消えて行った。

勢いに乗るBen-Kとベテラン望月との対決はどのような結果になるのか、今から楽しみである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事