【DDT】高木大社長著書『年商500万円の弱⼩プロレス団体が上場企業のグ ループ⼊りするまで』10月31日より発売開始!

DDTプロレスリングの高木大社長の著書『年商500万円の弱⼩プロレス団体が上場企業のグループ⼊りするまで』が10月31日より発売開始される。

以下リリースより

弱⼩インディー団体は、いかにして興⾏規模国内第⼆位まで駆け上がったのか?答えは、新たなプロレスのスタンダード“⽂化系”と巧みなメディア戦略にあった。

株式会社徳間書店(本社:東京都品川区上⼤崎 代表取締役社⻑:平野健⼀)は、DDT代表取締役社⻑兼レスラーの⾼⽊三四郎⽒の新刊『年商500万円の弱⼩プロレス団体が上場企業のグループ⼊りするまで』を10⽉31⽇(⽊)に発売。弱⼩インディー団体から始まり、旗揚げ20年の節⽬にサイバーエージェント傘下となった、“⽂化系”プロレス団体、DDT。躍進を続けるDDT、その超・経営論とは?

97年の旗揚げ以来、「いつか必ず新⽇本プロレスを追い抜く」と語り続けたDDT代表取締役社⻑兼レスラー、⾼⽊三四郎⽒。彼が率いる“⽂化系”プロレス団体DDTは、今や国内第⼆位の興⾏規模を誇る。街頭や神社、キャンプ場など所構わず開催される「路上プロレス」などの破天荒さだけでなく、飯伏幸太など新⽇本のG1を制するほどの選⼿を輩出する選⼿育成⼒にも注⽬が集まる。⽴ち揚げ当初はプロレスマスコミから黙殺されたが、DDTはアイデア勝負のエンタメ路線と、ユーザー⽬線での徹底した情報戦略で他団体との完全区別化に成功。SNSや動画配信のほか、サイバーエージェントとのM&Aの真相など、⼤社⻑・⾼⽊三四郎⽒が経営者⽬線でDDTの躍進を語り尽くす。藤⽥晋⽒(サイバーエージェント代表取締役社⻑)やケニー・オメガ⽒(元DDT所属選⼿・現AEW副社⻑)、倉持由⾹さん(グラビアアイドル・尻職⼈)との対談も収録。

【本書の内容】
第1章 サイバーエージェントとのM&A
対談 藤⽥ 晋(サイバーエージェント代表取締役社⻑)「DDTのプロレスって良質な舞台を⾒たような⾯⽩さがあるんですよ」
第2章 メディア戦略と⽂化系プロレス
第3章 両国、武道館、そして東京ドームへ
第4章 エンタメ路線こそ⽣きる道
第5章 飯伏幸太の誕⽣と移籍
対談 ケニー・オメガ(元DDT所属選⼿・現AEW副社⻑)「新⽇本でもDDTのプロレスが通⽤することを⽰したかった」
第6章 新⼈は⼊⾨テストかスカウトか
第7章 東京⼥⼦プロレスの旗揚げ
第8章 ⼤横綱・⼤鵬の孫がやってきた!
対談 倉持由⾹(グラビアアイドル・尻職⼈)「⼰の⾁体⼀つで戦い、その世界で⽣き延びていく。グラドルとレスラーの共通項です」
第9章 WRESTLE-1の最⾼経営責任者に
第10章 プロレスの価値観を壊すために

<商品情報>
書名/年商500万円の弱⼩プロレス団体が上場企業のグループ⼊りするまで
著者/⾼⽊三四郎
発売⽇/2019年10⽉31⽇
定価/本体1,800円+税
判型・仕様/四六判・312P
商品紹介ページ/http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198649562

<著者:⾼⽊ 三四郎>
1970年⽣まれ。株式会社DDTプロレスリング代表取締役社⻑兼レスラー。‶⽂化系”プロレスを打ち出し、武道館や両国国技館での⼤会を成功させるほか、「路上プロレス」など斬新な取り組みで話題を呼ぶ。2015年5⽉にWRESTLE-1のCEOに就任(17年退任)。2017年9⽉、サイバーエージェントのグループに⼊る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事