【佐藤嗣崇自主興行】‟各試合に意味がある”12.16(月)新木場!佐藤「イケメンさんにはホントに感謝しかない」

12.16東京・新木場1stRINGにて佐藤嗣崇は9.30地元大分での自主興行に続き、2回目となる自主興行を開催した。

自身の黒潮“イケメン”二郎とのシングルマッチを含め、各試合にテーマを持たせた大会に駆けつけたファンより多くの声援が送られた。

佐藤嗣崇自主興行
日時:2.16(月)18:30 開始
会場:新木場1stRING

シングルマッチ
●佐藤嗣崇 vs 〇黒潮イケメン二郎
20分47秒イケメンフラッシュ

前回の9.30大分での自主興行の際にイケメンより「シングルやりたいならやればいいじゃん」と言葉をもらい実現した大会、そしてシングルマッチ。












イケメンの腕攻めに苦しむも、エルボーで反撃を開始すると猛攻を仕掛け、もう一歩というところまでいくもイケメンフラッシュに敗戦。

試合後には控室へ戻ったイケメンへの感謝を述べるも「ホントに…ホントに…ホントに…」とホントにの連発に会場がざわついてしまった。

イケメンをリングへ呼び込むと、レッスルワン時代に練習生で入門した際に声をかけてもらい、そのままラーメン屋に連れて行ってもらったエピソードを語るとイケメンも「覚えてるよ、味噌ラーメンな」と当時の事を振り返った。

佐藤は自分の夢に向かって進んでいくことを宣言して大会を終えた。

誰がなんと言おうとハマのエースはオレだー!シングルマッチ
●佐山駿介 vs KAI
10分42秒メテオインパクト

横浜市保土ヶ谷区出身の佐山と戸塚区出身のKAIの対決は「ハマのエースはオレだ!」と佐山が奮闘するも、KAIの前に敗戦。ハマのエースの座はKAIとなった。








最後に横浜市西区出身の神林レフェリーと共に横浜をアピール。横浜を舞台にしたドラマ『あぶない刑事』のテーマ曲が流れる演出もあった。

プロレス総合学院師弟対決 シングルマッチ
●北村彰基 vs 〇近藤修司
11分50秒キングコングラリアット

レッスルワンの武藤敬司が校長を務めるプロレス総合学院を卒業して、プロレスリングZERO1に入団した北村彰基と先生であった近藤修司とのシングルマッチ。

試合は終始、近藤のペースで進み、北村もスピアーなどで反撃するも最後はキングコングラリアット2連発に沈んだ。






近藤が手を差し出すと、北村はがっちり握手。

トマト&カボス vs 海苔&寿司~農産物と海産物、ウマいのはどっちだ!?タッグマッチ
梶トマト&●カボストロング・マシ〜ン vs 大和ヒロシ&〇SUSHI
13分3秒スクールボーイ

佐藤の出身地大分の名産品のかぼすを知ってもらいたいとカボストロング・マシ〜ンを大分より呼び、農産物vs海産物の対決と称した戦いは4人とも入場が長いのがウリで、それぞれがじっくり入場パフォーマンスを行い会場を沸かせた。

この試合だけ場内実況が行われ、実況を務めた鈴木健.txtさんも「入場だけで皆さんお腹いっぱいですね」とコメントした。

※梶トマトが大和ヒロシの売店から海苔を奪ってくるとかぼす味にしてやろうかと人質ならぬ‟海苔質”を取り反撃。


試合は途中、カボスが足を痛めてしまいSUSHIに丸め込まれてしまった。

元同門!!先輩後輩対決 シングルマッチ
●吉田考志 vs 〇鈴木鼓太郎
9分47秒(タイガードライバー)

吉田がノアの練習生を半年ほどしていた時に鈴木鼓太郎が先輩で一緒に寮で生活をしていた元同門対決。


バックステージでのコメント

ーー自主興行を終えられていかがですか?

佐藤「前回、大分で自主興行をやった時は地元っていうのもあって超満員で、それで今回が関東。自分が思っていた人数には届かなかったですが、発表してスタートした時の人数から考えるとこんなに来てくださってホントにありがたい事だなと思います。そしてメインでイケメンさんとシングルできて、リング上でも色々と言いましたけど、ホントにイケメンさんには感謝しかない、レッスルワンの時から感謝しかないんで、そういう思いを試合で伝えられたと思います」

ーー各試合が意味のある闘いというのがテーマでしたが

佐藤「1試合目の鼓太郎さん対吉田さん。吉田さんが前に練習生の時に(ノアに)いたことをお客さんあまり知らない方が多いと思うので、そういった意味では北海道で活躍している吉田さんを関東で伝えることができたのは意味のある試合でした。2試合目のもカボストロング・マシ〜ンさんもちょっとケガしちゃって思うようにできなかったんですけど、やっぱり出身地大分の名産のものを2試合目で伝えられて。3試合目はプロレス総合学院の師弟対決。僕も出ているプロレス総合学院の先生である近藤さんとレッスンワンにいた北村くんのシングルマッチ、そして4試合目は佐山さんとKAIさんの横浜対決と全部意味があって、初シングルっていうのが多かったと思うのでこの大会、ホントにこのカードを組んで良かったと思っています」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事